オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

アフリカツイン2018にはアドベンチャースポーツ登場!発売日や価格は?

calendar

出典:hondanews.eu

CRF1000L AfricaTwinの2018年モデルがEICMAで発表となりましたね。

以前から噂があったように、ビッグタンクとかラリーとか言われていたモデルとして、アドベンチャースポーツなるものが追加になりました。

 

ベースとなるアフリカツインも2018年モデルにマイナーチェンジで進化していますよ。

2017年モデルとの違いや、スタンダードとアドベンチャースポーツの違いなどを調べてみました。

 

また日本への導入時期や価格などが気になるところですよね。

日本へ入ってくることは間違いないようですよ!

スポンサーリンク

アフリカツイン2018がEICMAで発表!

アフリカツイン2018ですが、EICMAにて発表となりました。

現行のアフリカツインが発売となったのは2016年ですね。

なんでも今年はヨーロッパに上陸して30年なんだそうで、その記念としてアドベンチャースポーツをラインナップするようです。

 

新型の大きな特徴としては、スロットルバイワイヤの採用でしょう。

現行型との大きな違いをちょっとまとめてみましょうか。

・エキゾーストの改良
・スロットルバイワイヤの採用
・4レベルのライディングモード設定
・7段階のトラクションコントロール(現行は3段階)
・リチウムイオンバッテリーの採用
・2kgの軽量化
・エマージェンシーストップシグナル採用
・オートキャンセルウィンカー採用

といった感じですね。

 

かなり改良といった感じですので、急いでいない方は2018年モデルを待った方が良さそうな感じですね。

あ、トップ画像はアドベンチャースポーツでして、スタンダードはこちらとなります。

出典:hondanews.eu

スポンサーリンク

アフリカツインアドベンチャースポーツとの違いは?

アフリカツインとアドベンチャースポーツの違いですが、かなり違うのでまとめてみますよ。

ざっくりとした違いを箇条書きにしてみましょうか。

・24.2Lの燃料タンク(STDは18.8L)
・スクリーンが80mm大型化
・グリップヒーターの採用
・AC電源ソケットの採用
・前後サスペンションのストロークアップ
・クラッシュガードの採用
・大型アルミサンプガード採用
・シート高のアップ

といった感じですね。

 

なんといっても大型タンクの採用でして、航続距離は500kmオーバーとのことです!

正直日本では全く必要ないと思いますが、必要か不要かではなく…カッコいいから欲しいって感じですよ。

 

STDとの違いで数字的な部分もまとめておきましょう。

()内がSTDです。

シート高・・・900/920mm (850/870mm)
車重・・・243kg (230kg) DCTは253kg(240kg)
フロントストローク・・・252mm (230mm)
リヤストローク・・・240mm (220mm)

となっています。

 

めちゃくちゃカッコいいのですが、シート高が非常に辛いですね…。

スタンダードでも果たして乗れるかどうか…。

 

せっかくなので、公式のメディアリリースから欲しくなりそうな画像を並べておきますよ!

出典:hondanews.eu

2017.11.20 追記

ホンダ・オフロードミーティングにて日本仕様の実車が展示されています!

それによると、国内仕様はシート高が欧州仕様よりも低い設定になっているとか。

欧州仕様は900/920mmと紹介しましたが、国内仕様は870/890mmとのこと。

更にローシートも設定されるようで、そちらは840/860mmだそうです。

STDの20mmアップってことですね。

スポンサーリンク

2018.02.26 追記

正式にプレスリリースが発表されました!

アドベンチャースポーツのローダウンタイプはシート高が810/830mmとのこと。

STDよりも低いですよ!

スペック発表されていますので、まとめておきましょう。

車名  Africa Twin Adventure Sports Africa Twin
型式  2BL-SD04 2BL-SD04
全長[mm]  2,340[2,310] 2,330
全幅[mm]  930 930
全高[mm]  1,570[1,510] 1,475
ホイールベース[mm]  1,580[1,560] 1,575
シート高[mm]  890/870[830/810] 870/850
装備重量[kg]  243[242]【253[252]】 230【240】
エンジン型式  水冷直列2気筒OHC 水冷直列2気筒OHC
総排気量[cc]  998 998
ボア×ストローク[mm]  92.0×75.1 92.0×75.1
圧縮比  10.0 10.0
最高出力[ps/rpm]  95/7,500 95/7,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  10.1/6,000 10.1/6,000
タンク容量[L]  24 18
フレーム  セミダブルクレードル セミダブルクレードル
キャスター  27°30′  27°30′
トレール[mm]  113  113
フロントフォーク  Φ45mm倒立 Φ45mm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ310mmダブル Φ310mmダブル
Rブレーキ  Φ256mmシングル Φ256mmシングル
Fタイヤ  90/90-21 90/90-21
Rタイヤ  150/70R18 150/70R18
税込価格  155万1,960円
【165万9,960円】
138万2,400円(黒)
141万4,800円(赤、白)
【149万0,400円(黒)】
【152万2,800円(赤、白)】

 

STDのアフリカツインとアドベンチャースポーツのスクリーン、キャリアの違いを比較画像作ってみました。

出典:本田技研工業株式会社

アドベンチャースポーツのみに装備されるガード類はこんな感じですよ。

出典:本田技研工業株式会社

スポンサーリンク

アフリカツイン2018の発売日や価格は?

アフリカツイン2018の発売日や価格ですが、現時点では未定となっています。(追記あり!)

ですが、ホンダが公式に日本でも発売するとリリースを出していますね。

 

EICMA2017に出品した下記モデルは、日本での販売を計画しています。

・CRF1000L Africa Twin Adventure Sports

出典:本田技研工業株式会社

 

アドベンチャースポーツしか名前が載っていないのは、スタンダードがEICMAに出品されなかったからだと思います。

なので、スタンダードも日本にラインナップされることは間違いないでしょう。

 

国内での発売日はどうでしょうね…2018年春頃に「来てほしい」という願望も込めて予想しておきます。

値段は現行型が135万円(DCTは145.8万円)なので…140万円スタートくらいでしょうか?

そしてアドベンチャースポーツは160万円くらいではないかと予想してみます。

 

公式のPVも公開されていますよ!

2017.12.22 追記

どうやら2018年4月発売のようですよ!

スポンサーリンク

2018.02.09 追記

価格情報が出てきましたね。

まず通常のアフリカツイン

・MT 黒・・・138万2,400円
・MT 赤、トリコロール・・・141万4,800円
・DCT 黒・・・149万0,400円
・DCT 赤、トリコロール・・・152万2,800円

 

そしてアドベンチャースポーツです。

・MT・・・155万1,960円
・DCT・・・165万9,960円

だいたい予想通りくらいの価格となりましたね。

2018.02.26 追記

正式にプレスリリースが発表されました!

発売は4月2日でして、新販売網となったホンダドリームでの販売となりますよ。

価格は事前情報通りとなっています。

 

各モデルのカラーリングや気になる細部の画像などを紹介しますね。

出典:本田技研工業株式会社

出典:本田技研工業株式会社

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

アフリカツインの2018年モデルが発表されました!

アフリカツインとアドベンチャースポーツは結構な違いがある

アフリカツインの国内販売は2018年4月、STDが138万2,400円~、ASが155万1,960円~

 

最初にCRF1000L Africa Twinが発表となった時もカッコいいと思いましたが、アドベンチャースポーツはヤバいですね。

日本の道路事情を考えると、CRF250 RALLYに、大型タンクやガード類のついたモデルが欲しいです。

結構売れる気がするんですけど…どうでしょう?

 

排気量は違うのでライバルとは言えないものの…ちょっと気になるヤマハのアイツは関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。