オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

電動スクーターnotteの価格や発売日は?スペックから見る使い勝手!

calendar

出典:notte公式ホームページ

東京モーターショー2017にちょっと気になる電動バイクが展示されていましたよ。

「XEAM(ジーム)」というブランドで「notte(ノッテ)」という製品なのですが、家庭用コンセントで充電可能な電動スクーターですね。

 

今までも電動スクーターはいくつか発売されていましたが、正直売れたとは言えません。

値段や使い勝手が良くて、トラブルが出なければ流行ると思うんですけどね。

 

そんなnotteの価格発売日はどうなっているのでしょうか?

発表されているスペックなどを見ながら、原付を買うのとどちらが良いか…原付の代わりになるのか考えてみましたよ。

同等のスペックの電動スクーターを比較した記事もありますので、よろしければ関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

電動スクーターnotteの価格や発売日は?

notteの価格と発売日ですが、14万7,000円で発売中となっています。

10月中の発売と発表されていましたが、思っていたよりも早く10月11日より発売開始となりました。

なんでも先行予約で約100台の注文が入ったそうですので、スタートダッシュは大成功と言えそうです。

 

ちなみに、notteというのが車名でしてXEAMというのがブランド名なんだそうですよ。

メーカー名としては「MSソリューションズ」という会社になりまして、こちらはスマホやタブレットのアクセサリーを販売しているメーカーなんだそうです。

 

こういった会社のバイク業界への参戦というのは非常に面白そうですね。

今までとは違った目線での商品が良い影響を与えると嬉しいです!

公式のYouTubeにてnotteの紹介動画もありました。

スポンサーリンク

電動スクーターnotteのスペックは?

notteのスペックですが、最高速度42km/hとのことです。

恐らくですが、ここが1番気になるポイントではないでしょうか?

 

それと、航続距離ですよね。

航続距離は60kmと発表されていますよ。

 

ざっとスペックを見てみましょう。

寸法・・・1,680×680×1,070mm
軸間距離・・・1,180mm
車体重量・・・64kg
ブレーキ・・・Fディスク、Rドラム
ライト類・・・LED
タイヤサイズ・・・80/90-10
駆動方式・・・リアモーター
定格回転数・・・520±10rpm
定格出力・・・600W
定格トルク・・・7~7.5Nm
バッテリー・・・リチウムイオン電池
バッテリー定格容量・・・24A
充電時間・・・10時間(AC100V)
乗車定員・・・1名

といった感じです。

 

まぁいわゆる原付、原付1種のポジションですよね。

結構スペックだけ見ると悪くない印象がありますよ。

 

公式のYouTubeにて航続距離や、坂道への挑戦なんかも紹介されていますのでイメージが付きやすいかもです。

スポンサーリンク

電動スクーターnotteは原付の代わりになるのか?

notteが原付の代わりになるのかということですが、まだ原付に分がある感じですかね。

 

1番のメリットはやはりガソリン代と電気代の差ですよね。

この辺りは使用環境にもよると思いますが、公式ホームページによると一般的なスクーターが1km辺り3.4円とのこと。

対してnotteは1km辺り0.5円だそうです。

 

あとはエンジンオイルやプラグ、エアクリーナーなどの消耗品のメンテナンスが不要なことも大きいかもです。

デザインも丸みがあって女性向けかな?って感じですし、メンテナンスが苦手な方には良いかと思いますよ。

 

対してデメリットは、バッテリー絡みでしょう。

駐車場に電源が無い方の為に、バッテリーが取り外せるようですが…重量は約9kg。

ちょっと家まで運んで充電して…っていうのは嫌な重量ですよね。

 

充電時間が10時間というのもネックです。

前日の夜に忘れずに充電するか、重いのを我慢して小まめに充電するか…。

 

スクーターのウリである収納も、バッテリーのためか少し小さい感じです。

フルフェイスではなくハーフヘルメットが収納可と書かれていますので、一般的な原付スクーターよりは小さいでしょう。

 

航続距離も恐らく30km/hで走り続けて60kmではないでしょうか?

本当はダメですが、実際には30km/h以上出すこともあるでしょうし、加減速もしますので…40kmとかくらいになってしまうのではないでしょうか?

 

ちなみに、バッテリーの寿命は2~3万キロくらいだそうで、交換バッテリーの値段は4万円とのことですよ。

この辺りは買う方の使い方次第で評価が分かれるところですね。

 

一軒家で駐車場に電気が来てて、チョリ乗りで近場の買い物くらいしか行かないという使い方であれば便利かと思いますよ。

値段も安いですし、話題性という意味では原付スクーターの比ではないですので、そういった意味でも面白いでしょう。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

notteは14万7,000円で発売中!

notteのスペックは本文内で紹介!

原付の代わりとして買うのは、使い方次第ではアリ!

 

私の生活環境的には、充電のためにバッテリーを家に持ち帰るのが辛そうですので無しですね…。

ですが、そういった環境が問題無ければ1台欲しいと思わせる魅力はあります。

 

バイクメーカーではないということも、アフターサービスがちょっと心配ですが…こういったメーカーがバイクに参入というのは良いニュースですよね。

もう少し進化すると、原付は電動が主流になってもおかしくないかと思いますよ。

 

現在はnotte V2へと更に進化もしています。

同等の電動スクーターの比較記事もどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。