オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

台風へのバイク対策!倒しておくのはNG、カバーやスタンドに一工夫を!

calendar

近年は非常に強力な台風が多発していますよね。

我々バイク乗りとしては…台風でバイクが倒れないかどうかが心配…。

いっそのこと先に倒しておいた方が良い…なんて話もありますが、真偽のほどはどうなのでしょう?

 

今回はそんなバイクの台風対策を紹介したいと思います。

家の中に入れる…とか、ガレージに保管なんて方法は確実ではありますが…そんなことが出来ないから困っているんですよね?

絶対に倒れないとは言えませんが…すぐに出来て、台風からの被害をなるべく減らす方法を紹介しますよ。

スポンサーリンク

台風から守る!バイクの対策法を紹介!

バイクの台風対策ですが、下記で出来ることを組み合わせるのが有効です。

・停めるところはアスファルトやコンクリート
・風の向きを考える
・転倒対策ならカバーを外す
・センタースタンドよりもサイドスタンド
・ギアを1速に入れる
・サイドスタンドの反対にジャッキをかます

 

環境によって出来ることと出来ないことがあるかと思います…。

しかし、なるべく多くの対策を組み合わせることで台風から守れる確率が上がりますよ!

それぞれ細かく見ていきましょう。

台風時にはバイクを倒しておくのが正解?

対策の前に…時々聞かれる「台風の時はバイクを倒しておけ」という言葉。

これはやらない方が無難です。

 

確かに倒れる時に傷が付く…どころか、ブレーキレバーが折れたりタンクが凹んだりと…かなりのダメージを受けます。

それであれば、丁寧に倒した方が傷付かないのは事実でしょう。

しかし…バイクには色々な液体が入っており、短時間なら大丈夫でも長時間倒しておくと問題が出るケースがほとんど。

 

漏れやすいのはガソリンです。

タンクはそれほど密封されておらず、長時間横にしておくと漏れる可能性が高いですね。

 

バッテリーも密封型ならまだしも、開放型であれば横倒し厳禁です。

後々のトラブルを考えると…あらかじめ倒しておくというのは推奨出来ません。

液体の無い自転車であれば、倒しておくのは有効なんですけどね…。

スポンサーリンク

台風の時にはアスファルトやコンクリートに停める!

ここから本題に入りますが、まずは足場です。

アスファルトやコンクリートなどの固いところが圧倒的におすすめです。

 

砂利や土などですと、結構簡単にスタンドが埋まっていくんですよね…。

キャンプなどで、駐車したバイクが勝手に倒れたり…。

あれと同じです。

 

特に台風だと大雨によって地面が柔らかくなりますし、風の力をスタンドで支えることになりますので…普段は大丈夫でもダメって場合も。

どうしてもアスファルトやコンクリートに停められないって方は、大きめの石や板を使って圧力を分散するのが良いかと思います。

台風の風向きを考える!

台風の風がどちらから吹いてくるのかを検証します。

最近は天気予報系のアプリなどでも簡単に風向き情報が手に入りますね。

 

基本は風下にサイドスタンドで傾けることになります。

また風下を壁にしたりして、物理的に倒れない方法も有効ですね。

 

基礎知識として、台風の中心を境に風向きが変わるのを知っておくと良いですよ!

台風は反時計回りに回りますので、中心の右側の地域では南風に。

中心の左側の地域では北風が基本となります。

更に、進行方向が南から北となることが多いので…台風が進む力と回転方向が同じである、中心の右側の方が強風が吹く傾向にあります。

 

なかなか風向きに合わせて駐車場所を変えるのは難しい…って方も多いと思いますが、バイクの向きを変えるだけでも効果は見込めます。

スポンサーリンク

台風の時はバイクカバーをした方が良いのか?

バイクカバーの有無は結構論争となりがちなポイント…。

カバーの下から風を巻き込んで、抜け道がないので倒す力がかかる…ということですね。

 

倒れるかどうかだけを考えると、バイクカバーは外しておいた方が絶対に良いです。

最近は蒸れ対策にベンチレーションが付いているカバーなんかもありますが、風の巻き込みを防ぐためには外しておく方が良いでしょう。

 

しかし雨対策(水対策)や飛来物対策にはカバーをかけておいた方が良いですね。

この辺りは考え方と言いますか、どちらを優先するかになります。

 

バイクは雨でも乗れるように、多少の水であれば問題はありません。

しかし洗車場の高圧洗浄機を避けた方が良いように、高圧には弱い部分があるのも事実。

そして、基本的に上からと前からしか水がかかることを想定していなかったりします…。

 

台風は強風のため水圧も強いですし、ほぼ真横から水が叩きつけられるなんてこともしばしば。

そういった事を重視する方はカバーをかけておいた方が良いでしょう。

 

カバーをかける場合は、紐やストラップなどを用いてなるべくバイクに密着させておきます。

カバーを外した状態には及びませんが、カバーがバタつかないようにしておくだけでも…倒れる可能性は軽減出来ますね。

台風の時はセンタースタンドとサイドスタンドのどちらが良い?

センタースタンドよりもサイドスタンドの方が倒れにくいです。

台風の時はサイドスタンドを使う方がおすすめですよ。

 

あらかじめバイクが傾きますので、逆側には相当の力がかからない限り倒れない…ということに。

まぁそれでも倒れるのが台風ではありますが…。

 

意外と盲点なのが、サイドスタンドで傾けた側に倒れること。

バイクが前進すると、結構あっけなくサイドスタンドは外れてしまいます。

次で紹介する方法を合わせて使い、バイクが動かないようにするのがおすすめです!

スポンサーリンク

台風の時のバイクの固定にはギアかブレーキが有効!

先ほど紹介したように、バイクが動くと(特に前方向)あっさりとサイドスタンドが外れてしまいます。

なのでバイクが動かないようにする方法と合わせて使うのがポイント。

 

マニュアル車であれば、ギアを1速にしておくのが簡単でおすすめですね。

スクーターであれば、フロントのブレーキレバーを固定するのがおすすめ。

(もちろんマニュアル車でも有効)

 

ブレーキ固定用のアイテムも売っていますが、強めのゴムをブレーキレバーとスロットルにグルグル巻きにするだけでも違いますよ。

ブレーキレバーを握った状態で、ゴムや紐で縛ってしまうとブレーキが効いた状態で固定出来ます。

 

超長期間ブレーキをかけたままにしておくと、キャリパー固着…なんてことにも繋がるようですが、台風対策として1日程度なら全く問題は無いです。

バイクを壁で囲む!出来なければジャッキが有効!

バイクが物理的に倒れないようにする方法です。

サイドスタンドを使い逆側を壁にして、なるべく壁にピッタリ付けて停めるのが簡単ですね。

強風によってバイクが持ち上げられても、直立状態~プラスアルファくらいの状態で壁にぶつかって止まります。

倒れる事を防げばかなりダメージは減らせますね。

 

とは言っても出来る駐車環境も限られますし、風向きが変わりバイクが左に傾いた時にサイドスタンドが外れてしまう可能性も…。

道具は必要ですが、簡単にどこでも出来るのはジャッキを使う方法です。

 

サイドスタンドの反対側…通常右側に車用などのジャッキをかませます。

いわゆるパンタジャッキですね。

エンジン下やフレーム、固定式ならステップなどの頑丈なところがおすすめですよ。

 

強度に問題が無ければ、多少サイドスタンドに押し付けるようにしてジャッキを上げておくと完璧。

これで右にも左にも倒れにくくなります。

後は前後方向の固定として、先ほど紹介したようにギアを入れたりブレーキを使ったりするのが良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

台風の時のバイクは倒れない対策が大事

出来ることは色々とあるので、組み合わせて屈強に

 

今回紹介した方法で、かなりダメージを軽減出来ると思います。

なるべく多くの方法を組み合わせて、愛車を守って下さいね。

 

台風と言えば倒れる以外にも、水没してしまうことも…。

そちらは別記事で詳しく紹介しています。

 

こちらも合わせてどうぞ!・最強防寒!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。