オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ドゥカティ ハイパーモタードの新型の発売日は?価格やスペックはどうなる?

calendar

ドゥカティのハイパーモタード新型のスパイショットが報じられています!

パッと見はあまり現行型と変わっていないように見えますが、何が変わったのでしょうね?

 

気になるのは発売日がいつ頃になるのかということ。

更には値段がどのくらいとなるのかも大事ですよね。

 

スペックがどうなるかも見ていきたいと思いますよ。

スポンサーリンク

新型ハイパーモタードの基本情報!

メーカー:ドゥカティ
車種名:ハイパーモタード950 , ハイパーモタード950 SP
排気量:937cc
発売日:2019年?
価格:12,690ユーロ , 16,390ユーロ
カラー:全1色 , 全1色

・2018.11.07 正式発表!情報を追記

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

新型ハイパーモタードのスパイショット!

新型ハイパーモタードですが、スパイショットが公開されています。

それに伴い海外メディアが色々と報じていますよ。

MoreBikes(英語)

 

かなり近距離で撮影されたっぽく、非常に鮮明な写真となっています。

出典:MoreBikes

 

あまり現行との違いはなさそうに見えますが、シートレールと言うのかサブフレームというのか…形状が違いますね。

初期のハイパーモタードと同じように、トレリスフレームに戻っています。

 

ちなみに現行はこんな感じです。

出典:DUCATI

 

MoreBikesさんによると、エンジンは現行型と同じですがラジエーターが新しくなっているとのこと。

フレームとスイングアームは現行とほぼ同じように見える…といった内容になっていますね。

スポンサーリンク

新型ハイパーモタードの発売日はいつ?

新型ハイパーモタードの発売日ですが、2019年となりそうです。

もうかなり完成していると言っていいので、2019年も割と早い段階で発売になるような気がしますよ。

10月にはインターモトが、11月にはEICMAがありますのでそこで発表になるはずです。

 

大事なのは日本にも入ってくるか…ですが、恐らく多少遅れたりということはあってもラインナップされると思われます。

主要車種はしっかり正規ラインナップされていますからね、ハイパーモタードの現行型もラインナップされていますし。

 

この辺りの心配はいらないかと思いますよ。

2018.11.07 追記

イタリアで正式に発表されています。

日本のホームページはまだですが、イタリアでは既に公式ページも出来ていますね。

発売日時期に関しては記載がありませんが、日本にも2019年には入ってくるのでは?

 

公式動画がこちらです。

スポンサーリンク

新型ハイパーモタードの価格は?

新型ハイパーモタードの価格ですが、現状不明となっています。(追記有り)

この辺りもインターモトやEICMAで発表されるような気がしますよ。

 

一応日本での現行型の値段を見てみましょうか。

・ハイパーモタード 939・・・161万5,000円
・ハイパーモタード 939SP・・・205万5,000円

 

新型がどのような装備になるのかわかりませんが、恐らくメーターはカラーTFTになるでしょうし、エレクトロニクス関係がかなりアップデートされるハズ。

多少の値上げは間違いないかと思われますよ。

 

どのくらいになるか…非常に難しいところですが、通常のモデルが170万円くらいでしょうかね?

SPも発売されると思いますが、この辺りもまだ特に情報はありません。

スポンサーリンク

2018.11.07 追記

EICMAを前に正式に発表されました!

お値段は無印が12,690ユーロ(約164万5,710円)のSPが16,390ユーロ(約212万5,540円)となっています。

 

やはり現行モデルから多少の値上げ…レベルで落ち着きそうですね。

ちなみにカラーは無印もSPも1色っぽいですね。

こちらが無印です。

出典:Ducati.com

 

そしてこちらがSPですね。

出典:Ducati.com

スポンサーリンク

新型ハイパーモタードのスペックは?

新型ハイパーモタードのスペックですが、現状不明となっています。

先ほど紹介したように、どうやら基本的なエンジンは現行と同じようですね。

 

フレームやスイングアームも同じに見えるとのことですので、大きくスペックが変わることはなさそうです。

正常進化と言いますか、しっかりと煮詰めてきたって感じでしょうか?

 

詳細なスペックが発表されたら現行型と比較したいと思いますよ。

とりあえず現行型のスペックのみまとめておきます。(新型追記!)

車名  Hypermotard 950  Hypermotard 950 SP  Hypermotard 939 ()内はSP
型式      
全長[mm]      
全幅[mm]      
全高[mm]      
ホイールベース[mm]  1,493  1,493  1,493
(1,498)
シート高[mm]  870  890  870
(890)
重量[kg]  200  198  204
(201)
エンジン型式  水冷L型2気筒DOHC  水冷L型2気筒DOHC  水冷L型2気筒DOHC
総排気量[cc]  937  937  937
ボア×ストローク[mm]  94.0×67.5  94.0×67.5  94.0×67.5
圧縮比  13.3  13.3  13.1
最高出力[ps/rpm]  114/9,000  114/9,000  110/9,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  9.8/7,250  9.8/7,500  9.7/7,500
タンク容量[L]  14.5  14.5  16.0
フレーム  トレリス  トレリス  トレリス
トランスミッション  6速リターン  6速リターン  6速リターン
キャスター  25°00′  25°50′  25°50′
トレール[mm]  104  104  104
フロントフォーク  Φ45mm倒立  Φ48mm倒立  Φ43mm倒立 
(Φ48mm倒立)
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ320mmダブル  Φ320mmダブル  Φ320mmダブル
Rブレーキ  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  180/55ZR17  180/55ZR17  180/55ZR17
税込価格      161万5,000円
(205万5,000円)

2018.11.07 追記

正式に発表されたので、スペック表を追記しました。

SPはフォークとリアサスがオーリンズになるだけでなく、足の長さも違うようで…この辺りは旧型と一緒になりそうです。

せっかくなので、無印とSPの比較画像を作ってみました。

出典:Ducati.com

 

パッと見あまり変わりないように思える旧型とも比較してみましょうか。

どちらもSPモデルです。

出典:Ducati.com

こうして見ると結構違いがあることがわかりますね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型ハイパーモタードの発売日は2019年

新型ハイパーモタードの価格は現行の多少アップ程度になりそう

新型ハイパーモタードのスペックは本文内で

 

パッと見は現行とそれほど違いがないですが、やっぱりサブフレームが気になりますね。

なぜ以前のようなトレリスに戻ったのか…開発者の声を聞きたいところです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。