オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

MVアグスタが2019年からMoto2参戦!マシンの詳細やエンジン、排気量は?

calendar

MV AGUSTAがなんと42年振りにグランプリの世界に戻ってきます!

現在のMotoGPの前進とも言えるWGPの創設期である、1940年代後半から1970年代中頃まで大活躍をしたメーカーですね。

 

2019年からMoto2に参戦するということですが、いったいどんなマシンを持ってくるのか非常に気になるところ。

どういった形でのレース参戦となるかも気になりますね。

数年のうちにMotoGPクラスも…なんて計画もあるのでしょうかね?

スポンサーリンク

MVアグスタが2019年からMoto2に参戦!

MVアグスタが2019年からMoto2に参戦することが正式に発表されています。

メーカーからも公式にリリースが出ていますよ。

MV AGUSTA(英語)

 

チームは現在もMoto2に参戦しているフォワード・レーシングとの提携になるようです。

フォワードと言えば、2009年にカワサキがMotoGPから撤退した後を受けてハヤテ・レーシングとして活動を始めたチーム。

2012年には現在モリワキからJSBに参戦している高橋裕紀選手を起用したりと、なんとなく日本とも関りがあるところですよね。

 

現在はスッターのシャーシを使い、エリック・グラナド選手とステファノ・マンジ選手を起用していますよ。

ですが、来シーズンのライダーラインナップに関してはまだ発表されていません。

 

Moto2での実績十分なチームとのジョイントだけに、2019年は期待がかかるところ。

早くも来年が楽しみとなっていますよ。

スポンサーリンク

MVアグスタのMoto2マシンは?

MVアグスタのMoto2マシンですが、こちらも既に発表となっています。

出典:MV AGUSTA

 

アグスタらしく非常に美しいマシンですよね。

市販モデルであるF3やF4を思わせる造り。

 

個人的に最も気になるのはこのフレームです。

これはF3とかもそうなのですが、前部分がKTMと同じようなスチールのトレリスフレーム。

そして後半部分がアルミとなり、ハイブリッドフレームとなっています。

 

後ろだけ見れば通常のアルミのツインスパーのようにも…。

もちろんKTMもこの部分は鉄パイプではありませんが、材質はスチールのままかと。

 

このハイブリッドフレームが一体どうなのか、非常に気になりますね。

しかしイタリアのメーカーのマシンって基本的に美しいです。

私はGP250時代のアプリリアRSV250のメッキフレームが凄く美しいと思っています。

スポンサーリンク

MVアグスタのMoto2マシンのエンジンは?

MVアグスタのMoto2マシンのエンジンですが、トライアンフ製の765ccですね。

これはアグスタだけでなく、全チーム共通のエンジンとなっています。

 

現在も基本的なルールは同じでして、エンジンはイコールコンディションとなりますよ。

今年2018年まではホンダ製の600cc4気筒ですが、2019年からはトライアンフ製の765cc3気筒への変更が決まっています。

 

恐らくこのルール変更もあって、このタイミングでの参戦発表なのでしょう。

というのも、アグスタは3気筒を積んだF3がありますからね!

出典:MV AGUSTA

 

675ccのF3 675と798ccのF3 800と、排気量も近いのでF3で学んだノウハウが使えるのではないでしょうか?

4気筒のF4もありますが、4気筒は他のメーカーもノウハウは豊富でしょうし。

しかもこの675ccエンジンってトライアンフ製じゃなかったでしたっけ?

 

1年目からの活躍を期待するのは酷かもしれませんが、チーム母体もフォワード・レーシングですし…ついつい期待してしまうところです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MVアグスタが2019年からMoto2に参戦!

マシンは既に画像公開済み

エンジンはトライアンフ製の765cc3気筒(イコールコンディション)

 

スチールトレリスと言えば…モリワキがMotoGPに参戦したMD211Vが思い出されますね。

Moto2ではオーソドックスなアルミのツインスパーでしたが。

 

アグスタが参戦するしモリワキもまたMoto2参戦しないかなぁ…なんて思ったり。

まぁエンジンがホンダじゃなくなりますので可能性はないでしょうが…。

とにもかくにもMVアグスタは楽しみですね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す