オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

S1000RRの新型の発売日は2019年?価格やスペックはどうなる?

calendar

BMWのスーパースポーツであるS1000RR新型へとモデルチェンジするようです。

1年くらい前にスパイショットが報じられていましたが、その後細々と情報が出てきていますよ。

 

気になる発売日は2019年と言われていますが、日本にも入ってくるでしょうか?

そして値段も気になるところですよね。

 

現行は実に10年という長期モデルとなったものの、戦闘力はまだまだかなりのもの。

新型となってスペックの変化も気になるところです。

スポンサーリンク

新型S1000RRの基本情報!

メーカー:BMW
車種名:S1000RR
排気量:999cc
発売日:2019年
価格:250万~?
カラー:不明

・2018.11.07 公式発表!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

新型S1000RRの発売日はいつ?

新型S1000RRの発売日ですが、2019年と予想されています。

昨年の今頃にスパイショットが出てきて、2018年モデルではないかと言われていましたけどね…。

結局正式な発表はなく現在まで来ている感じです。

当時のスパイショットはこんな感じです。

出典:MCN

 

10月にはインターモト、11月にはEICMAがありますので、恐らくそこで正式発表となり、2019年になってからの発売開始となるのではないでしょうか?

多少の遅れはあるかもしれませんが、間違いなく日本にも入ってくるでしょう。

 

欧州では2020年よりユーロ5へと排ガス規制が引き上げられますので、S1000RRもユーロ5対応ではないかと言われていますよ。

スポンサーリンク

2018.10.10 追記

試作車と思わしき車両のテストの様子が撮られています。

結構前から画像は出ていたのですが…紹介するのを忘れていました…。

2018.10.22 追記

BMW MOTORRADの公式インスタグラムで、顔つきがちょこっとだけわかる動画が公開されています。

EICMAと書かれているので、11月のEICMAで発表間違い無しでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stay tuned… #MakeLifeaRide #bmwmotorrad #EICMA

BMW Motorradさん(@bmwmotorrad)がシェアした投稿 –

2018.11.07 追記

EICMAで正式に発表となっています!

既に公式ページも出来ており、2019年モデルとなっていますよ。

日本ではまだホームページが更新されていませんが…多少遅れて導入されるかと。

 

公式の動画はこちらです。

スポンサーリンク

新型S1000RRの価格はいくら?

新型S1000RRの値段ですが、現時点では情報はありません。

現行型はと言いますと、日本にはプレミアムラインのみが導入されており227万2,000円となっています。

 

2019年モデルは完全新型設計となりますし、ユーロ5対応のためにもコストはかかるでしょう。

レースの方での活躍ももちろん見越した車体となるわけですので、結構な金額上昇となるのではないでしょうか?

 

現行のSSを各車見ていくと

CBR1000RR SP・・・249万4,800円
YZF-R1M・・・307万8,000円
ZX-10RR・・・210万6,000円
RSV4 RF・・・275万0,000円
PANIGALE V4S・・・328万0,000円

といったところ。

 

S1000RRは過去にHP4がありましたからね、そういったハイパフォーマンスモデルを別に用意するのであれば価格は抑えられるかもです。

とは言っても、250万~くらいになってくるような気はしますけどね。

それでHP4が300万円~…といったところでしょうかね?

2018.11.07 追記

正式に発表となりました。

お値段18,750ユーロということで、日本円にすると約243万1,320円となります。

 

上記はドイツですが、旧型と価格比較はイギリスがわかりやすそうです。

イギリスでは新型が15,290ポンド(約227万1,680円)で、旧型が14,315ポンド(約212万6,830円)とのこと。

日本の現行型はプレミアムラインのみ…ということもあり、新型がどうなるかはわかりませんが…思ったよりも値上げにはならなそうですね。

250万までいかないくらいでしょうか?

 

カラーリングはとりあえず2色が確認出来ています。

出典:BMW MOTORRAD

スポンサーリンク

新型S1000RRのスペックは?

新型S1000RRのスペックですが、現状不明となっています。(追記有り)

なのですが、目玉としては逆回転クランクの採用の噂が出ているんです!

 

最近はMotoGPでも主流とも言える逆回転クランク。

MotoGPでは採用していないのはKTMくらいでしょうか?

 

色々とメリットはあるようですが、タイヤの回転によって生成されるジャイロを相殺(軽減)することで扱いやすさや俊敏性をもたらすと言われています。

この辺りは非常に複雑で、単純に「逆回転クランク=高性能」とか「逆回転クランク>正回転クランク」というわけではありません。

単純に考えるデメリットとしても、駆動軸が1つ増えるわけで、駆動ロスや重量増もありますから…。

 

そういったこともあり、市販車で逆回転クランクを採用しているモデルというのは…最近出たドゥカティのパニガーレV4が初だったでしょうか?

それだけにもし搭載となればかなり話題性があると言えそうですよ。

 

他にはスパイショットから、シャーシやスイングアームが新設計であることがわかっています。

そしてフレームはどうやらカーボンではなくアルミとなりそうとのこと。

 

新しいエンジンは205bhp辺りとなり、パフォーマンス向上のために大幅な重量減となると予想されています。

bhpですので…psにすると207.8psですか。

 

この辺りのソースはAUTOCAR INDIA(英語)さんやMCN(英語)さんです。

AUTOCAR INDIAさんの方ではエンジンの画像も載っているんですよね。

出典:AUTOCAR INDIA

 

画像の出処はasphaltandrubber.com(英語)さんのようですが、こちらでは「逆回転クランクを使用」となっています。

エンジン画像が何か…については書かれていないですね。

スポンサーリンク

2018.09.05 追記

中国で意匠画像が登録?されたことが発表されています。

スパイショットに通じるところが多々ありますので、新型のS1000RRで間違いないでしょう。

出典:MOTORCYCLE.COM

 

スパイショット同様、ライトこそシンメトリーになりましたが…カウリングは変わらずアシンメトリーですね。

新エンジン、新フレーム、新スイングアームと、かなり気合の入ったアップデートとなりそうですよ。

スポンサーリンク

2018.11.07 追記

スペックも公開されています。

ドイツ仕様ですが、日本仕様の旧型と比較してみましょう。

車名  S1000RR (New)  S1000RR (Old)
型式    
全長[mm]  2,073  2,055
全幅[mm]  848  720
全高[mm]  1,151  1,140
ホイールベース[mm]  1,441  1,440
シート高[mm]  824  815
重量[kg]  197  210
エンジン型式  水油冷直列4気筒DOHC  水冷直列4気筒DOHC
総排気量[cc]  999  999
ボア×ストローク[mm]  80.0×49.7  80.0×49.7
圧縮比  13.3  13.0
最高出力[ps/rpm]  207/13,500  199/13,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  11.5/11,000  11.5/10,500
タンク容量[L]  16.5  17.5
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション  6速リターン  6速リターン
キャスター    
トレール[mm]  93.9  96.5
フロントフォーク  Φ45mm倒立  Φ46mm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ320mmダブル  Φ320mmダブル
Rブレーキ  Φ220mmシングル  Φ220mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  190/55ZR17  190/55ZR17
税込価格    227万2,000円

 

BMWはかなり力を入れてきたと言っても良いでしょう。

来季のWSBKはカワサキからトム・サイクスが移籍してきますし、レース活動の方も期待と言えそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

S1000RRの発売日は2019年

S1000RRの価格は18,750ユーロ

S1000RRのスペックは本文内で

 

見た目がガラッと変わったS1000RRですが、性能も凄いことになりそうです。

F1が正にですが…空力を追及するとみんな同じ外見になっていくのが寂しいですね。

 

S1000RRは2009年の初代からBMWらしさが無いとか、日本製SSに似ているなんて声もありましたが…。

それでもアシンメトリーデザインがあのモデルを特徴付けていました。

シンメトリーデザインになったのは…個人的には残念です。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。