オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

MotoGP日本GP(もてぎ)2019のチケット・駐車場情報!

calendar

今年もMotoGPが日本にやってきますね。

10月18日~20日にかけてツインリンクもてぎで行われる日本グランプリですが、チケットが販売開始となっていますよ。

 

チケットの種類が多くてちょっと複雑ですので、それぞれの違いや特色などを紹介したいと思います。

また忘れがちなのが駐車場!

これまた非常に重要かつ、早々に売り切れるのが駐車場チケットです。

 

今回が初観戦!って方に、チケット選びの参考にして頂きたいと思います。

スポンサーリンク

MotoGPもてぎのチケット情報!

 

日本グランプリのチケットですが、大きく分けると4種類となっています。

・観戦券
・指定席券
・駐車券
・オプションチケット

超簡単に説明すると、観るのに必要な「観戦券」、見やすい環境で観る「指定席券」、駐車場に車やバイクを停める「駐車券」、様々なオプションの「オプションチケット」といった感じです。

 

とにかく安くレースを見たいって方は観戦券のみでOKです。

屋根があったり、椅子があったり…快適な環境を望む方指定席券を。

現地(ツインリンクもてぎ)まで車やバイクで行かれる方は、駐車券が必要です。

パドックエリアに入ったり、ピットウォークに参加してみたいって方オプションチケットが必要になります。

 

各観戦席のエリアマップは公式ホームページで公開されていますよ。

出典:ツインリンクもてぎ

観戦券

自由観戦エリアにて観戦することが可能です。

結構色々なポイントに自由観戦エリアが設置されており、このチケットでもかなり楽しむことが出来ますよ。

基本芝生で特に席といったものはないので、レジャーシートや折りたたみ椅子などを利用している方が多いエリアです。

 

3日間の通し券で下記の価格です。()内は消費税率改定後の価格

高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
9,300円
(9,500円)
3,800円 3,200円 1,700円

全て3日間のモビパークパスポート付きの価格となっていますよ。

モビパークが不要な方は下記の価格となりますが…高校生以上は用意されておらず、高校生以上はモビパーク付きのチケットのみとなります。

中学生 小学生 3歳~未就学児
1,200円 600円 300円

 

ちなみに15歳~22歳の方には「ヤング割0円特別観戦キャンペーン」を実施しています!

なんと事前申し込みで全員に、自由観戦エリアのチケットをプレゼント。

更に「若葉割り」というものも実施しており、2019年に初めてバイクの免許を取得した方が対象です。

こちらも事前申し込みで全員を無料招待となっていますよ!

 

どちらも受付期間は6月1日~10月6日までとなっています。

各指定席を希望される方グレードアップにも対応可能とのこと。

詳細はツインリンクもてぎの公式ページを確認して下さいね。

ツインリンクもてぎ公式サイト

スポンサーリンク

指定席券

各スタンド席など、指定席で観戦するためのチケットです。

一部を除き、指定席券を購入した場合には観戦券は含まれているので、指定席券のみでOKとなっていますよ。

 

トイレや売店なども近くにあり、場所取りの必要もなくのんびりと観戦出来るのがポイントですね。

スタンド席の他に、G席やZ席など、コースサイドに設置された席もあります。

他にも食事などがセットになった席などもありますので、ご希望に合わせて選ぶことが可能です。

ビクトリースタンド(V席)・ファンシート

V1~V6席まであり、それぞれにファンシートも振り分けられています。

例えばV2席ですと左側6割程度が指定席のV2席なのですが、右側4割程度がマルケス応援席なんですね。

ファンシートの「マルク・マルケス応援席」でなくてもV2には座れることになりますが…なんとなく居心地の悪さを感じる方もいるかもです。笑

 

価格は席によって異なり、大人が19,500円~21,500円です。

詳細は公式サイトを確認して下さいね。

ツインリンクもてぎ公式サイト

 

そして各ファンシートですが、それぞれのオリジナルグッズが付くので非常にお得となっています。

応援するライダーやメーカーがある方はおすすめですよ。

価格は席によって異なり、大人が19,500円~21,500円です。

詳細は公式サイトを確認して下さいね。

ツインリンクもてぎ公式サイト

スポンサーリンク

A席

グランドスタンド上段の席です。

コースからの距離はあるものの…コース全体を見渡しながらゆったりと観戦出来るエリアです。

価格はこんな感じです。()内は消費税率改正後の価格

  高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 14,000円
(14,300円)
5,400円
(5,500円)
4,800円
(4,900円)
3,300円
(3,400円)
モビパークパス無し 2,800円
(2,900円)
2,200円
(2,300円)
1,900円
(2,000円)

 

そしてA席の1番端っこ部分はノリック・大治郎シートとなっています。

お値段は同じですが、記念Tシャツ等の特典が付きます。

詳細は、加藤大治郎さんの公式ホームページからどうぞ。

Daijiro.net ノリック・大治郎シート

G席

コースの内側に設置された席です。

90度コーナーを内側から見ることが出来るので、非常に迫力あるシーンが楽しめます。

価格はこんな感じです。()内は消費税率改正後の価格

  高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 12,000円
(12,300円)
4,900円
(5,000円)
4,300円
(4,400円)
2,800円
(2,900円)
モビパークパス無し 2,300円
(2,400円)
1,700円
(1,800円)
1,400円
(1,500円)

Z席

G席と向かい合う、コース外側の席です。

90度コーナーへの迫力ある進入シーンが楽しめるほか、大型ビジョンが正面に設置されているのでレース全体の流れも観ることが出来ます。

価格はこんな感じです。()内は消費税率改正後の価格

  高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 14,000円
(14,300円)
5,400円
(5,500円)
4,800円
(4,900円)
3,300円
(3,400円)
モビパークパス無し 2,800円
(2,900円)
2,200円
(2,300円)
1,900円
(2,000円)

 

そして最も90度コーナー側にはバレンティーノ・ロッシ応援席が設けられます。

こちらは特典付きのZ席ってことになりますね。

価格はこんな感じです。()内は消費税率改正後の価格

  高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 16,000円 5,400円
(5,500円)
4,800円
(4,900円)
3,300円
(3,400円)
モビパークパス無し 2,800円
(2,900円)
2,200円
(2,300円)
1,900円
(2,000円)
スポンサーリンク

V字コーナー席

S字コーナー、V字コーナーでの攻防が見られる席です。

大型ビジョンも設置されており、レース全体の流れも観ることが可能です。

更に、V字コーナーオアシスと名付けられた食事やお酒が楽しめるスポットもすぐ近くに!

価格はこんな感じです。()内は消費税率改正後の価格

VC-1 高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 15,000円
(15,300円)
5,400円
(5,500円)
4,800円
(4,900円)
3,300円
(3,400円)
モビパークパス無し 2,800円
(2,900円)
2,200円
(2,300円)
1,900円
(2,000円)

 

VC-2 高校生以上 中学生 小学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 14,500円
(14,800円)
5,400円
(5,500円)
4,800円
(4,900円)
3,300円
(3,400円)
モビパークパス無し 2,800円
(2,900円)
2,200円
(2,300円)
1,900円
(2,000円)

エクゼクティブスイート

コース全体が見られるスタンド2階で、室内観戦出来るシートです。

全てのエリア入場と優先権が付いており、豪華な食事やライダーサイン会への参加権利など…まさにエクゼクティブな内容となっています。

しかもスペシャルゲストの訪問も予定しているそうで、まさに最高峰の観戦スポットと言えそうです。

お値段もスペシャルですが…。

エクゼクティブスイート 180,000円

ビクトリースタンドガーデンラウンジ

メインストレートに面した、コースに最も近いラウンジ席です。

ビクトリースタンドの観戦席と合わせてのチケットとなりますので、レース中はスタンドで観戦!

レース以外の時間は、室内のラウンジで食事や休憩が可能な贅沢席となっています。

  V1、V4、V5 V2、V3、V6
3歳以上共通 66,000円 64,000円

ビクトリーコーナーテラス/SORAサイト

最終コーナーからストレートを見渡せる、グループ・ファミリー向けの観戦席です。

キャンプのように楽しめるのが特徴の席でして、グレードにより設備が違うのが特徴。

お値段は32,500円~95,000円と幅が広いので、自信が必要な設備があるのを選ぶのが良いですね。

なかなか細かく分かれていますので、詳細は公式ホームページをどうぞ。

ツインリンクもてぎ ビクトリーコーナーテラス

スポンサーリンク

VIPテラスプレミアム

S席の上端に設けられたグループ観戦向けのテラス席です。

ホームストレート上で、コース全体が見渡せるのがポイントですね。

1区画貸切(10名まで) 3歳以上共通
493,000円 49,300円

S席

A席と同じ高さのスタンド席ですが、よりホームストレート中央部に設置。

椅子が背もたれ付きだったり、ちょっと隔離されているために混雑を避けやすいなんてメリットもあります。

  高校生以上 小中学生 3歳~未就学児
モビパークパス付き 26,000円 18,300円 17,100円
モビパークパス無し 15,700円 15,700円

ファミリーセット券

観戦券、指定席券、駐車券のセットとなったファミリー向けのチケットです。

駐車場も近い場所ですし、観戦場所からも近いので非常に便利です。

高校生以上2枚と3歳~中学生2枚がセットになっており、金額的に少しお得になっています。

 

場所は2ヶ所となっており、A席指定席G席指定席のチケットとなります。

A席指定席 G席指定席
37,000円 30,000円

1コーナーテラス スカイデッキ/ペアシート

グランドスタンド最上段と同じ高さにあり、1コーナーから2コーナーを見渡せる席です。

大型ビジョンもありますので、レース全体の流れも観ることが可能ですね。

 

スカイデッキは6名までが利用可能なプライベート区画。

ペアシートは2名までが利用可能なデッキチェアでの観戦となっています。

スカイデッキ(1区画) ペアシート(1区画)
93,000円 24,000円
スポンサーリンク

駐車券

駐車券は指定駐車券前売駐車券に分かれています。

席に近い駐車場を希望の方や、遅れて行っても混雑なく駐車したいって方は指定駐車券が必要です。

指定席券に駐車券が含まれている場合もありますので、しっかりと確認して下さいね。

指定駐車券

種類 入場ゲート 販売数 料金
S1駐車券 30台 8,300円
N2駐車券 120台 6,200円
スーパースピードウェイ
3~4ターン駐車券
320台 6,200円
スーパースピードウェイ
2輪駐車券
150台 2,000円
中央エリア2輪駐車券 300台 2,000円
マルチコースピット駐車券 10台 10,300円
R1駐車券 250台 4,200円
スーパースピードウェイ
コースサイドキャンプステイ駐車券
112台 18,600円
ロードコースコースサイド
キャンプステイ駐車券
4輪 98台
2輪 10台
18,600円(4輪)
8,300円(2輪)
V字オートキャンプサイト 30サイト 18,600円
N-A駐車券 30台 6,200円
N-B駐車券 90台 5,200円
N4駐車券 130台 3,000円
ロード外周2輪駐車券 300台 2,000円
R1駐車券
V字コーナー席オプション
150台 4,200円

なかなか複雑ですので、場所や内容は公式ホームページをどうぞ。

ツインリンクもてぎ 指定駐車券

前売駐車券

車もバイクも駐車券が必要です。

指定席券の方は駐車券が付いている券種もあるので、しっかり確認して下さいね。

()内は消費税率改定後の価格

4輪 北・南ゲート 3,000円
(3,100円)
2輪 南ゲート 500円
(600円)
スポンサーリンク

オプションチケット

オプションのチケットとなります。

パドックエリア内で観戦が可能なパドックパスや、ピットレーンに入場出来るピットウォークパスなどが設定されています。

他にも激感エリアへのパスチケットや、ラム酒飲み放題チケットなんてものもありますよ。

パドックパス・・・10,000円~12,000円(日によって違う)
ピットウォーク・・・2,100円
激感エリア・・・3,000円
ラム酒飲み放題・・・3,000円
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

日本グランプリのチケットは大きく分けて4種類

駐車場はチケットが必要

 

例年の傾向ですと便利なところの駐車券から売り切れ、人気の指定席も早々に売り切れる傾向です。

気になっている方は、早めに購入しておくと良いですよ。

 

駐車場で泊まる方も多いですが、周囲の宿泊先を探すなら楽天トラベルが便利です。

ツインリンクもてぎ周辺緒宿泊施設を探す

 

こちらも合わせてどうぞ!・Tシャツより快適!春夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。