オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

新型フォルツァ125(2018)の日本発売日はいつ?価格やスペックを紹介!

calendar

日本では250のフォルツァが話題になっていますが、その兄弟車であるFORZA125の2018年モデルがヨーロッパで発表されています。

2017年モデルの正常進化と言いますか、250(向こうでは300)に準じた進化をしていますよ。

 

国内でも250ccではなく、こちらの125ccが欲しいって方は一定層いるのではないでしょうか?

日本での発売はあるのか…、その場合は値段がどの程度になるのか検討してみますよ。

 

ちなみにスペックに関しても、旧型2017年モデルと比較してみたいと思います。

今更旧型の情報が必要な方がいるかわかりませんが、2017年モデルの記事もあるので関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

新型フォルツァ125の日本発売日はいつ?

新型フォルツァ125の国内販売ですが、可能性は非常に低いと思われます。

これは以前に2017年モデルの記事でも書きましたが、125ccだと思うと非常に高額なんですよね。

値段に関しては、次の段落で詳細に見ていきますので後ほど。

 

そしてPCXとバッティングしてしまうという部分もありますね。

まぁ欧州では併売しておりますが…。

 

ヨーロッパでは125ccって日本の原付みたいなもので、非常に身近な排気量なんです。

全ての国ではないですし、条件も国によって異なりますが…普通自動車の免許を持っていれば乗れるって国も多いんですよね。

なので125ccというカテゴリーも結構熱く、実用一辺倒な安いモデルから高級志向の高額モデルまで受け入れられるのではないでしょうか?

 

旧型はいくつかのショップさんが輸入して販売しています。

新型もしばらくしたら上陸することに期待ですね。

スポンサーリンク

新型フォルツァ125の価格はいくら?

新型フォルツァ125の価格ですが、現状未定となっています。

2017モデルが4,689ユーロでして、日本円で約61万6,000円程度でした。

内容を考えると、まぁ間違いなく値上げとなっているでしょう。

 

ちなみに日本との価格差は多少ありまして、モデルにもよりますが約0.86倍程度が日本価格となっています。

それでも旧型は53万円程度ですからね…。

 

新型のPCXが34万2,360円ということを考えると、かなりお高いモデルと言えます。

最近でこそ125ccに魅力を感じて乗っている方が増えていますが、まだまだ「安いから乗る。けど原付は×」って方も多いですよね。

 

特にスクーターは実用車の面が強いですので、PCXでも「高い」という声が聞こえるのも事実。

まぁグロムが35万1,000円、モンキーは39万9,600円、CB125Rが44万8,200円ですからね…。

高額でもそれに見合ったクオリティなら出すって方も増えているのも事実。

 

フォルツァ125を日本で売るとなると55万円程度になるかと思いますが、それでも買うって方はどの程度いるでしょうか?

カラーラインナップは全5色となっているようです。

出典:Honda News EU

スポンサーリンク

新型フォルツァ125のスペックは?

新型フォルツァ125のスペックですが、旧型と日本の250と比較してみましょう。

車名  FORZA125  125 (2017)  FORZA(250)
型式      2BK-MF13
全長[mm]  2,140  2,135  2,140
全幅[mm]  755  750  750
全高[mm]  1,470  1,455  1,355
ホイールベース[mm]  1,490  1,490  1,510
シート高[mm]  780  780  780
重量[kg]  162  158  184
エンジン型式  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  125  124.9  248
ボア×ストローク[mm]  52.4×57.9  52.4×57.9  68.0×68.5
圧縮比  11.5  11.5  10.2
最高出力[ps/rpm]  15/8,500  15/8,750  23/7,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  1.3/8,250  1.3/8,250  2.4/6,250
タンク容量[L]    11.5  11
フレーム  アンダーボーン  アンダーボーン  アンダーボーン
トランスミッション  CVT  CVT  CVT
キャスター  26°50′  26°50′  
トレール[mm]  89  89  
フロントフォーク  Φ33mm正立  Φmm正立  Φmm正立
リヤサスペンション  ツインショック  ツインショック  ツインショック
Fブレーキ  Φ256mmシングル  Φ256mmシングル  Φ256mmシングル
Rブレーキ  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル
Fタイヤ  120/70-15  120/70-15  120/70-15
Rタイヤ  140/70-14  140/70-14  140/70-14
税込価格      64万6,920円

基本的には旧型と同様の車体となっていますね。

そして250ccも同じ車体を使っているとなりそうです。

 

気になる旧型からの変更点はと言いますと、大きいのはスクリーンが電動になったことでしょう!

その分か、車重がちょっと増えています。

そして、重量増のためか燃費のカタログスペックはちょっと落ちていますよ。

(走っちゃえばほとんど同じ程度だとは思いますが…)

 

ウィンカーはLEDとなり、メーター類も多少変更が入っています。

更にはメットインが5.5L増えも用意(多分オプション)されていますね。

出典:Honda News EU

 

そしてパッと見はそっくりですが、実は外装も結構変わっており兄貴分の250と同様になっています。

出典:Honda News EU / Honda News EU

 

ですが250とは違い、トラコンは装備されていないようです。

ハンドルの左側にあるトラコンボタンが見当たりませんし、公式ページにトラコンに関する内容がありません。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型フォルツァ125が日本に入る可能性は低い

新型フォルツァ125の価格は未定

新型フォルツァ125のスペックは本文内で

 

日本でも125cc熱が高まってきていますからね、こういった高級スクーターがあっても面白いとは思います。

市場調査で売れそうだと判断すれば持ってくるかもしれませんが…残念ながら可能性は低いでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。