オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのグローブ・手袋 冬の防寒おすすめ商品!選び方を紹介!

calendar

今の季節、バイクに乗るのは非常に寒いですよね。

しかし雪が積もっていなければバイクには乗れますし、乗らなくてはならない…と言う方もいるでしょう。

 

この季節に少しでも快適にバイクに乗るための防寒着を紹介しますよ。

かなり色々ありますので、各アイテムごとに書いていきたいと思います。

 

今回はグローブ・手袋編です。

他のアイテムに関しては関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

バイクの防寒着、グローブの選び方!

バイクの防寒としてのグローブの選び方ですが、何と言っても風を通さないこと。

もはやバイクの防寒の基本ですね。

 

特に指先が冷えてくると…なぜか体も寒くなってきますのでグローブは大切ですよ。

対策としては主に3種類となりますね。

・暖かいグローブを使う
・インナーグローブを使う
・ハンドルカバーを使う

手袋ではないので今回は紹介しませんが、グリップヒーターというアイテムもありますよ。

 

暖かいグローブですが、風を通さない素材であることが大切です。

しかしそれ以上に大切なのは、袖を覆えることかもしれませんよ。

 

ライディングウェアの上に被せられるロンググローブでしたら、袖口からの風が防げます。

これが結構体感温度に差が出るんですね。

バイク専用品は何が違うのか?

バイク用のグローブと普通のグローブの違いですが、速度域の違いが大きいかと思います。

スキー用や通常のグローブでも暖かい製品はありますが、やはりバイクの速度の時の防風性が劣るんですよね。

 

個人的にはそれ以上に、レバーやスロットルの操作がしづらいのでバイク用以外は使いません。

この辺りは人それぞれ求めるものの違いかと思いますが、私は操作感を重視していますので真冬でもレーシンググローブでしたね。

レザーですので雨が降ると最悪ですが、意外と寒くは無いですよ。

もちろんゴアテックスやネオプレーンはもっと暖かいでしょうが…。

 

そして転んだ際には必ず手を付くんですよね。

なのでバイク用でしっかりとプロテクターが入っている物でないと怖くて使えないというのもあります。

 

しかし寒くて手が悴んでしまっては操作感も何もないですからね、グローブは色々と試着してみて、自分の使用用途に合っている物を探すのがおすすめです。

スポンサーリンク

おしゃれでおすすめのグローブ4選!

おしゃれでおすすめのグローブですが、ウィンターグローブを2つ、インナーグローブを1つ紹介します。

おしゃれ度は皆無ですが、最強に暖かいハンドルカバーも1つ紹介しますよ。

 

まずはウィンターグローブですが、ROUGH & ROADRR8638です。

スポーツ寄りのバイクにしか似合いませんが、非常に暖かく操作性の高いグローブですよ。

カラーラインナップも多いので、バイクやウェアの色に合わせやすいのもポイントです。

レディースは1色しかありませんが、設定がありますし、Sサイズで対応出来る方も多いかと思いますよ。

 

もっとカジュアルな製品が良いって方には、RSタイチRST611がおすすめです。

非常にシンプルな造りですので、どんなバイクにも合いますよね。

袖口が長くなく、ウェアの上に出せないので…ウェアの袖口が絞れるタイプだと良いですね。

 

インナーグローブでは、コミネGK-757がおすすめです。

薄手で暖かいと評判のインナーグローブです。

タッチパネル対応も嬉しい配慮ですよね。

インナーグローブまで外さなくてもスマホの操作が可能ですので。

 

ですが、インナーグローブは今までのグローブの下に使うとサイズがキツくなってしまうかと…。

結局普段のグローブが使えないのであれば、ウィンターグローブを買った方が良いような気がして私は使ったことがありません。

 

最後にハンドルカバーですが、コミネAK-021がおすすめです。

バイクに直接取り付けて、その中に手を入れようってアイテムですね。

見た目さえ気にならなければ、これが最強のアイテムですよ!

新聞配達のカブなどには必ずと言って良いほど付いていますね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクグローブは防風性能の高い物がおすすめ

バイク用品は操作性と安全性に優れる

おしゃれでおすすめのグローブは本文内で紹介

 

グローブは結構好みが出ますからね、色々と実際に試着してみるのがおすすめですよ。

あくまでも個人的にではありますが、私は暖かめでプロテクターの入ったウィンターグローブが好きです。

紹介したラフ&ロードの製品みたいなやつですね。

 

他のアイテムに関しては関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。