オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 用品 » 【2022/2023最新】バイクのグローブ・手袋|冬の防寒おすすめ商品!選び方を紹介!

【2022/2023最新】バイクのグローブ・手袋|冬の防寒おすすめ商品!選び方を紹介!

calendar

バイク保険料が年間最大1万円安くなるチャンス!

↓無料で最短3分!1番安い保険を見つけよう!↓

無料で今すぐ一括見積もり

【2022-2023年版に更新】

「バイクに乗ると手が冷たい…」

「体は耐えられるけど指先がツライ」

冬にバイクに乗るのは非常に寒いですよね。

しかし雪が積もっていなければバイクには乗れますし、乗らなくてはならない…と言う方もいるでしょう。

 

この季節に少しでも快適にバイクに乗るためのおすすめのグローブ・手袋編を紹介します。

指先は防寒だけでなく操作性も重要ですので、是非ともバイク用品にこだわって選んで下さいね。

紹介している商品は全て鉄板商品とも言えるものですので、この中から好みやバイクのスタイルに合わせて選べば問題無しです!

 

他の防寒アイテムに関しては関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

バイクの防寒着、グローブの選び方!

バイクの防寒としてのグローブの選び方ですが、何と言っても風を通さないこと。

もはやバイクの防寒の基本ですね。

 

特に指先が冷えてくると…なぜか体も寒くなってきますのでグローブは大切ですよ。

対策としては主に3種類となりますね。

・暖かいグローブを使う
・インナーグローブを使う
・ハンドルカバーを使う

手袋ではないので今回は紹介しませんが、グリップヒーターというアイテムもありますよ。

 

暖かいグローブですが、風を通さない素材であることが大切です。

しかしそれ以上に大切なのは、袖を覆えることかもしれませんよ。

 

ライディングウェアの上に被せられるロンググローブでしたら、袖口からの風が防げます。

それかウェアにリストガードが付いていたり、袖口がしっかりと絞れると隙間風に効果的。

これが結構体感温度に差が出るんですね。

バイク専用品は何が違うのか?

バイク用のグローブと普通のグローブの違いですが、速度域の違いが大きいかと思います。

スキー用や通常のグローブでも暖かい製品はありますが、やはりバイクの速度の時の防風性が劣るんですよね。

 

個人的にはそれ以上に、レバーやスロットルの操作がしづらいのでバイク用以外は使いません。

この辺りは人それぞれ求めるものの違いかと思いますが、私は操作感を重視していますので真冬でもレーシンググローブでしたね。

レザーですので雨が降ると最悪ですが、意外と寒くは無いですよ。

もちろんゴアテックスやネオプレーンはもっと暖かいでしょうが…。

 

そして転んだ際には必ず手を付くんですよね。

なのでバイク用でしっかりとプロテクターが入っている物でないと怖くて使えないというのもあります。

 

しかし寒くて手が悴んでしまっては操作感も何もないですからね、グローブは色々と試着してみて、自分の使用用途に合っている物を探すのがおすすめです。

スポンサーリンク

【2022/2023最新】バイク用グローブ【冬】おすすめ4選!

おしゃれでおすすめのグローブですが、ウィンターグローブを4つ紹介します。

好みや乗っているバイクに似合う似合わないもあるので、なるべく雰囲気の異なる製品をチョイスしてみました。

そしてインナーグローブを1つ、おしゃれ度は皆無ですが…最強に暖かいハンドルカバーも1つ紹介しますよ。

・FIVE WFX PRIME GTX
・FIVE WFX CITY GTX
・コミネ アーバンウィンターグローブ
・デグナー ディアスキンウインターグローブ
・ゴールドウィン ウィンドブロックインナーグローブ
・コミネ AK-021 ネオプレーンハンドルウォーマー

それぞれ個別に見ていきましょう!

FIVE WFX PRIME GTX

グローブ専門メーカーであり、非常に評判の良いFIVEのグローブです。

ウィンターグローブの最高峰モデルということで…お値段はお高めではありますが、性能面では間違いのない商品。

ウィンターグローブはどうしても厚みが出てしまうために操作性が犠牲になりがち…。

しかし手の甲側と手の平側の厚みが違う生地を使用することで、装着感を向上しているのが特徴ですね。

もちろん最近のグローブでは当然とも言える、タッチスクリーン仕様です。

 

サイズはS、M、L、XL4ラインナップ。

カラーリングは黒のみとなっていますよ。

FIVE CITY GTX

こちらも先ほどと同じくFIVEの商品です。

それだけFIVEのグローブはモノが良いと言えますよ。

先ほどはロング丈でレーシンググローブのようなデザインでしたが、こちらはシティの名前の通りに控えめなデザインとなっています。

スポーツバイクはもちろん、ネイキッドやクラシックなどに使っても全く違和感は無いでしょう。

 

ショート丈ではありますが、手首部分にはネオプレンカフが付いており冷気の侵入を防ぐ仕様。

ゴアテックスで防寒性能と透湿防水性能が高いのが嬉しいですね。

 

サイズはS、M、L、XL4サイズ。

カラーリングは黒のみとなっています。

スポンサーリンク

コミネ GK-835 アーバンウィンターグローブ

昨シーズンも大人気だったコミネのアーバンウィンターグローブ。

何と言ってもバイク用という感じが一切なく、普段使っている手袋と同じような雰囲気が特徴です。

街乗りはもちろん、スクーターやアメリカン、クラシカルなバイクなど車種を選ばず使えるのが良いですよね。

拳には目立たないように、ソフトタイプのプロテクターを装備しており安全面も問題無し!

透湿防水仕様となっているのでちょっとした雨ならそのままで大丈夫です。

もちろんスマホ操作対応ですよ。

 

サイズはS、M、L、XL、2XL、3XL6サイズ。

カラーリングはウール、デニム、ブラックデニムの3色となっています。

デグナー WL235W ディアスキンウインターグローブ

最後に、皮革製品と言ったら!のデグナーのレザーグローブです。

柔らかい鹿革を使っているにも関わらず洗えるのが最大の特徴でしょうか。

洗えるということからもわかるように、水濡れに強いので多少の雨でも気にせず使うことが可能です。

 

内部はフリースで暖かく、透湿防水フィルムを採用しているのでレザーグローブながら冬でも寒くない!

ロングタイプですのでジャケットの裾をしまえるところもポイントです。

 

サイズはS、M、L、XL4サイズ。

カラーリングはブラック、タン2色となっています。

スマホ対応ではないので注意です。

スポンサーリンク

ゴールドウイン GSM26860 ウィンドブロックインナーグローブ

甲側には伸縮性と防風性に優れたサーマストレッチという素材を使っており、手のひら側には暖かなフリースを採用しています。

それでいながら指の側面部分はメッシュとなっており、インナーグローブならではの蒸れを軽減してくれるのが特徴ですね。

 

インナーグローブの注意点としては、今までのグローブの下に使うとサイズがキツくなってしまうという弱点が…。

薄手の商品なので普段使っているグローブがそのまま使えれば良いのですが…キツくて使えないなんてこともあります。

寒がりの方はウィンターグローブの下にインナーグローブを併用することを考慮したサイズ選びが必要になりますよ。

 

サイズはS、M、L、XL、XXL5サイズ。

カラーリングは黒の1色となっています。

コミネ AK-021 ネオプレーンハンドルウォーマー

見た目さえ気にならないのであれば、最強の防寒アイテムはハンドルウォーマー!

バイクに直接取り付けて、その中に手を入れようってアイテムですね。

新聞配達のカブなどには必ずと言って良いほど付いているように、価格のわりに効果が非常に高いんです。

 

また、これまた新聞配達などが該当しますが…頻繁にバイクから降りる必要がある、なんて方にも向いていますね。

いちいちグローブを付けたり外したりというのは大変ですので。

 

ネオプレーンはダイビングのウェットスーツなどにも使われている素材で、非常に防寒性能が高い!

何度も言いますが、見た目さえ気にしなければネオプレーンのハンドルウォーマーが最強の防寒アイテムです。

最近はスクーターだけでなく、ネイキッドなどでも見かけるようになってきましたね。

10色以上のカラーラインナップとなっていますので、愛車やウェアとのコーディネートが楽しめるのも嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクグローブは防風性能の高い物がおすすめ

バイク用品は操作性と安全性に優れる

おすすめのグローブは本文内で紹介

 

グローブは結構好みが出ますからね。

バイクやファッションとの相性もありますし、操作性でも結構好みの出るポイント。

是非色々と試してみて下さいね。

 

他の防寒アイテムに関しては関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さに打ち勝つ!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・実は損しているかも?任意保険を今より安くする方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

そのバイク 低金利ローンなら今すぐ買えます

銀行マイカーローンでバイクを買うと、27万円得するかもしれません。

 

実は銀行マイカーローンを利用すると、ディーラーや販売店で加入する信販系ディーラーローンよりも低金利で借りることが可能です。

例えば120万円を36ヶ月で借りた場合、銀行マイカーローンなら返済額は128万0,640円(年利2.24%)となり、信販系ディーラーローンだと返済額は155万2,800円(年利9.8%)となります。

なんとその差額は27万2,160円にも!

 

でも銀行マイカーローンは審査が厳しい…なんて声もありますよね。

クラウドローンなら希望の条件を登録するだけで、どの銀行からどのくらいの金利で借りられるかを診断することが可能です。

また既にローンを組んでしまった方も、クラウドローンへの乗り換えで金利が安くなる可能性があります!

 

↓登録はわずか1分!診断は最短3分!クラウドローンはコチラ↓

バイクをローンで買うならクラウドローン



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す