オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

リエフ センチュリー(CENTURY)の国内導入は?発売日や価格スペックを調べてみた!

calendar

出典:Rieju

スペインのメーカーであるRiejuから125ccのスクランブラーが発表されていますよ。

その名もセンチュリーというバイクですが、結構イケてる感じですね。

 

日本ではあまり馴染みのないメーカーだけに…果たして国内への導入があるのかが気になるところです。

また、発売日や値段スペックなんかも気になるところですよね。

 

世界にまで目を移してみると、非常に魅力的な125ccが多くて最近は楽しいですよね。

是非とも日本でも発売してほしいものです。

スポンサーリンク

センチュリーの国内導入はあるのか?

センチュリーの日本導入の可能性ですが、非常に低いと思われます。

というのもリエフの日本代理店であったリエフジャパンは既に撤退しているハズなんですよね。

 

確か2011年に日本でも輸入販売が開始されていたと思いますが…わりと早々に撤退してしまったかと。

そう考えると、正規代理店がありませんので…残念ながら日本への導入の可能性はほぼ無いと思われます。

 

ですが、この手のバイクの輸入販売に力を入れている会社もありますのでそちらに期待ですね。

可能性が高そうなのは、バイカーズステーションSOXさんとかでしょうか?

 

後ほどスペックは紹介しますが、センチュリーのエンジンはピアッジオからの供給となっていますね。

つまりアプリリアのTUONO125やRS4 125辺りと同じエンジンなんですよ。

国内では売っていないCR150なんかもSOXさんが取り扱っているので、リエフのセンチュリーも取り扱いに期待です。

センチュリーの発売日や価格はどうなる?

センチュリーの発売日や価格ですが、こちらは詳細は公表されていません。

2017年のEICMAで発表となっていますので、2018年モデルとしてヨーロッパでは発売されるのは間違いないでしょう。

 

もし日本でもどこかが導入してくれるようでしたら、そこから多少遅れて…って感じでしょうかね?

価格に関しても現時点ではハッキリとした額は不明となっています。

 

ですが兄弟車とも言える、モンディアルのHPS125 Hipsterが3,400ポンド程度とのことですよ。

日本円ですと約50万円…結構お高い感じですね。

出典:Mondial

 

でもですね、HPS125の兄弟車とも言えるアプリリアのCR150がSOXさんで34.9万円なんですよ。(見た目は全くと言って良いほど同じ)

しかもこっち150ccですからね。

輸入車は色々な兼ね合いで値段が変わりがちですから…なんともですが、この感じですとSOXさんが輸入してくれれば30万円くらいだったり?

であれば、結構お買い得な感じですよね。

 

EICMA2017でのリエフの様子が公開されていますよ。

 

スポンサーリンク

センチュリーのスペックは?

センチュリーのスペックですが、だいたい発表になっていますよ。

既に紹介しているように、兄弟車みたいなのがいますからね、大きな変更なく発売されるでしょう。

簡単に表にまとめてみましたよ。

車名  CENTURY
型式  
全長[mm]  2,025
全幅[mm]  785
全高[mm]  1,070
ホイールベース[mm]  1,360
シート高[mm]  790
装備重量[kg]  135
エンジン型式  水冷単気筒4バルブ
総排気量[cc]  125
ボア×ストローク[mm]  58.0×47.0
圧縮比  
最高出力[ps/rpm]  
最大トルク[kgf-m/rpm]  
タンク容量[L]  18
フレーム  セミダブルクレードル
キャスター  
トレール[mm]  
フロントフォーク  Φ41mm倒立
リヤサスペンション  ツインショック
Fブレーキ  Φ280mmシングル
Rブレーキ  Φ220mmシングル
Fタイヤ  100/90-18
Rタイヤ  130/80-17
税込価格  

 

出力とトルクは公表されていませんが、先ほど紹介したMondialのHPS125が15ps/9,750rpm1.1kgf-m/8,000rpmとなっています。

同じエンジンですし、欧州の免許制度を考えると15馬力は間違いないかと思いますよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

センチュリーの国内導入は正規販売は無いと思われる

センチュリーの発売日や価格は不明点多し

センチュリーのスペックは本文内で

 

小排気量のスクランブラー、日本でも結構売れそうな気がするんですけどね。

国内のメーカーにも是非125ccを頑張ってほしいと思いますよ。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪