オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

トリシティ125の新型2018モデルの発売日は?マイナーチェンジでの変更点や価格は?

calendar

出典:ヤマハ発動機株式会社

ヤマハからトリシティ125の2018年モデルが発表されていますよ!

マイナーチェンジされるという話は結構前から出ていましたが、ついに価格発売日情報など明らかになっています。

 

そして、パッと見の印象に比べてずいぶんと変更点が多い感じですね。

新型エンジンに新型フレームとのことですので、旧型との変更点などを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型トリシティ125の発売日はいつ?

新型トリシティ125の発売日ですが、2018年1月20日となっています。

ヤマハから12月5日にニュースリリースが発表されていますよ。

 

ヤマハ発動機株式会社は、フロント二輪のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)125」およびABS装備の「TRICITY125 ABS」について、新たに水冷4ストローク・124cm3“BLUE CORE”エンジンを搭載、LEDヘッドランプを採用するなど装備の充実を図った2018年モデルを2018年1月20日から発売します。

2014年から販売を開始した「TRICITY125」および2015年から販売を開始した「TRICITY125 ABS」は、フロント二輪により、高い安定感を実現できる当社LMWモデル第一弾として支持されています。

2018年モデルの主な特徴は、1) 高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)搭載の124cm3“BLUE CORE”エンジン、2) 乗り心地、足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンション、3) 足付きを考慮したシート高765mmのメインシート、4) 高級感のあるLEDヘッドランプなどを採用しました。

生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行います。

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

後ほど変更点をまとめますが、新型エンジン新設計フレームLEDヘッドライトと一気にグレードアップ感がありますね。

新型のPVも公開されていますよ。

新型トリシティ125の価格はいくら?

新型トリシティ125の値段ですが、39万4,200円(ABSは43万2,000円)となっています。

旧型の価格が35万6,400円のABSが39万9,600円でしたね。

 

通常モデルが3万7,800円、ABSが3万2,400円値上げとなっていますよ。

トリシティ155ABSの価格が45万3,600円ですからね、その差2万1,600円…かなり悩ましいところです。

 

カラーリングは全3色ですが、ホワイトのみABS無しもABS付きの両方に設定となっていますよ。

通常のABS無しがホワイトとマットグレー、ABS付きがホワイトとシアンとなります。

画像も公開されていますよ。

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

…どちらも3色展開の方がありがたいですけどね…。

ABSのアリ無しで外装変わらないでしょうに…。

スポンサーリンク

新型トリシティの変更点は?

新型トリシティの変更点ですが、大きいのはエンジンとフレームでしょう。

ですが、結構細かい部分まで変更が入っている感じですね。

公式サイトで「フィーチャーマップ」なる画像が公開されていますので、まずそちらをご覧下さい。

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

大きな変更点の1つであるエンジンは、可変バルブ機構VVA搭載となりましたよ。

トリシティ155やNMAXなんかにも採用されている、最近のヤマハの主力エンジンですよね。

これにより、最高出力が12PS(1PSアップ)、最大トルクが12Nm(2Nmアップ)、燃費43.6km/L(4.8km/Lアップ)となりました。

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

そして、見た目の印象はあまり変わりませんがフレームが新設計となり新サスペンション(リヤだけ?)を採用!

シート高が765mmと旧モデルから15mm低くなり、ホイールベースが40mm伸びたことなどにより足元のスペースがアップ。

出典:ヤマハ発動機株式会社

ここが広いと使い勝手が良いですよね。

 

他にはリヤタイヤサイズが110から130に太くなり、ヘッドライトは今時っぽくLED採用となっています!

フロントパネル内側に12VのDCジャック付き小物入れの追加も今時ですね。

更にはヘルメットホルダーの採用と、メットインがちょびっと大きくなっています!

出典:ヤマハ発動機株式会社

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型トリシティ125の発売日は2018年1月20日

新型トリシティ125の値段は39万4,200円、ABSは43万2,000円

旧型からの変更点はエンジンとフレーム!細かい部分は本文内で!

 

正常進化ではありますが、かなり色々な部分が進化していますね。

ですが…その代わりに値段もアップで155との差があまり無くなりました。

 

125ccにこだわる方は新型を、そうでない方は155を、というのもアリかもしれませんね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。