オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » デイトナ765の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?Moto2レプリカなるか!

デイトナ765の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?Moto2レプリカなるか!

calendar

そのバイク 低金利ローンなら今すぐ買えます

銀行マイカーローンでバイクを買うと、27万円得するかもしれません。

 

実は銀行マイカーローンを利用すると、ディーラーや販売店で加入する信販系ディーラーローンよりも低金利で借りることが可能です。

例えば120万円を36ヶ月で借りた場合、銀行マイカーローンなら返済額は128万0,640円(年利2.24%)となり、信販系ディーラーローンだと返済額は155万2,800円(年利9.8%)となります。

なんとその差額は27万2,160円にも!

 

でも銀行マイカーローンは審査が厳しい…なんて声もありますよね。

クラウドローンなら希望の条件を登録するだけで、どの銀行からどのくらいの金利で借りられるかを診断することが可能です。

また既にローンを組んでしまった方も、クラウドローンへの乗り換えで金利が安くなる可能性があります!

 

↓登録はわずか1分!診断は最短3分!クラウドローンはコチラ↓

バイクをローンで買うならクラウドローン

2019シーズンよりMoto2のエンジンがトライアンフ製に変更になりますね。

それが765ccの3気筒なわけですが…このエンジンを搭載した市販車の噂がかねてから出ていました。

3気筒スポーツバイクと言えばデイトナ675ですよね?

 

そういったこともありデイトナ765の存在も噂されていたわけですが…ついにスパイショットが報じられていますよ。

となると気になるのは発売日がいつ頃になるのか…。

値段はどのくらいなのか、スペックや日本への導入なんかも大事です。

 

トライアンフのデイトナの新型…恐らく名称はデイトナ765になるであろうこのバイクを見ていきましょう。

スポンサーリンク

デイトナ765の基本情報!

メーカー:トライアンフ
車種名:DAYTONA Moto2 765 Limited Edition 2020
排気量:765cc
発売日:2020年2月
価格:235万円
カラー:1色?

出典:TRIUMPH

・2019.08.24 正式発表 情報を追記

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

デイトナ765の発売日はいつ?

2019.08.24 追記

23日に公式に発表となり、発売日は2020年2月の予定となっています。

先日の情報では3月となっていたので、少し早まった感じですね。

限定車で日本への導入数は多くないので、気になる方は早めにお店に問い合わせてみて下さい。

2019.07.25 追記

DAYTONA Moto2 765 LIMITED EDITIONという名前で、8/23から行われるMotoGPのイギリスグランプリで発表予定とのことです!

出典:TRIUMPH

 

個別にシリアルナンバーが付くということと、リミテッドエディションという名前なだけに…これが限定版になるのかと。

この後に通常版も販売ってことでしょうかね?

ちょっとこの辺は情報が無くてわかりません。

 

ちなみにこちらの限定版ですが、アジアとヨーロッパで765台。

更にアメリカとカナダで765台の予定とのこと。

日本のトライアンフにもページが出来ているので、日本からも購入が可能かと思われます!

 

価格も含めて、詳細は8/23に発表される予定となっていますよ。

かなりMoto2を推しているので、スペック(装備?)も限定版は良い物となるのかもしれません。

保安部品も画像では見当たりませんが、この辺りも…8/23の詳細待ちですね。

ちなみに発売は2020年3月の予定だそうです。

2019.02.10 元記事

デイトナ765の発売日ですが、2020年頃ではないかと思われます。

エンジンはMoto2で使用している物…もっと言えばストリートトリプルのエンジンですからね。

そして、スパイショットを見る限りデイトナ675とほぼ同じ車体のように思われます。

 

となると…これから何年もかかるような状態ではないのではないかと。

2019年のEICMA等々で発表され、2020年の早い段階で発売開始となるような気がしますよ。

 

スパイショットは多くの海外メディアさんが報じており、日本でもヤングマシンさんが報じています。

出典:YOUNG MACHINE

 

ちなみにイギリスのMoreBikesさんが、走行動画をYouTubeにアップしていますよ。

スポンサーリンク

デイトナ765の価格は?

2019.08.24 追記

23日に正式に発表になり、価格も発表されています。

お値段は235万円(消費税10%込)とのこと。

 

当初の予想よりも遥かに高い値段となりましたが、限定車ということでスペックと言いますか装備と言いますか…とても豪華仕様。

この値段でも納得って感じの価格設定になったかと思いますよ。

下記、元記事の方では675の正統進化という感じで予想していたので…箸にも棒にも掛からない感じになってしまいました…。

2019.02.10 元記事

デイトナ765の価格ですが、現状不明となっています。

今のところ値段に関する情報はありませんね。

 

デイトナ675の日本価格はと言うと…無印とRで下記でした。

DAYTONA 675・・・138万5,000円
DAYTONA 675 R・・・158万5,000円

 

そして現行の765ccエンジンを積んだ、デイトナの兄弟車であるストリートトリプルはこんな感じです。

Street Triple S・・・109万0,000円
Street Triple R LRH・・・126万7,000円
Street Triple RS・・・143万7,000円

 

675cc時代の旧型ストリートトリプルはと言うと…こちらもグレードが色々とあるのですが…。

Rが119万2,000円で無印が99万7,500円のようです。

年式によって多少違いもあると思いますが…参考にはなるでしょう。

新型になって10万円アップってところでしょうか?

 

となるとデイトナ765は150万~170万円辺りになりそうでしょうかね?

スポンサーリンク

デイトナ765のスペックは?

2019.08.24 追記

23日に正式に発表され、スペックも公開されました。

せっかくですので、デイトナ675と比較してみましょう。

車名  デイトナ765 Lim.  デイトナ675
型式    
全長[mm]    2,020
全幅[mm]  718  710
全高[mm]  1,105  1,105
ホイールベース[mm]  1,379  1,395
シート高[mm]  822  830
重量[kg]  未発表  200(乾燥)
エンジン型式  水冷直列3気筒DOHC  水冷直列3気筒DOHC
総排気量[cc]  765  675
ボア×ストローク[mm]  78.0×53.4  76.0×49.6
圧縮比  12.9  13.1
最高出力[ps/rpm]  130/12,250  128/12,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  8.2/9,750  7.6/11,900
タンク容量[L]  17.4  17.4
フレーム  ツインスパー  ツインスパー
トランスミッション  6速リターン  6速リターン
キャスター  23.2°  22.9°
トレール[mm]  91.1  87.2
フロントフォーク  Φ43mm倒立  Φ41mm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ310mmダブル  Φ310mmダブル
Rブレーキ  Φ220mmシングル  Φ220mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  180/55ZR17  180/55ZR17
税込価格  235万円  

 

スペックとして見比べると、エンジンが765になった正常進化版って感じに見えますね。

しかし装備が本当に豪華です。

サスペンションはオーリンズのNIX30とTTX36を装備し、ブレーキはブレンボのStylemaを採用。

カウルはフルカーボンとなっています。

もはや気分はMoto2レーサーですね。

出典:TRIUMPH

スポンサーリンク

2019.02.10 元記事

デイトナ765のスペックですが、現状不明となっています。

スパイショットを見る限り、見た目は旧型となるデイトナ675とほぼ同じに見えます。

これが後々変わるのか、車体の基本はこのままなのか…この辺りが大事ですね。

 

ヤングマシンさんの報道でスペックに関して少し触れていますよ。

情報によれば、これはまだ初期のプロトタイプであり、最終的なデザインではなく、製品の発表時にフェアリングは完全に作り直されるだろう、とのこと。

ただし、技術的な側面で見てみると、フレームとスイングアームの大部分は以前のデイトナ675から大きく変わることはなさそうだ。

もっとも重要な変更点はエンジンであり、これはストリートトリプルRSの765パワーユニットをベースとしたものだ。

新しいシリンダーヘッド、チタンバルブ、最高回転数の上昇、エンジン全体の軽量化といった、Moto2エンジンを作るうえで施されたモディファイは引き継ぐことになるだろう。

エキゾーストシステムは現在のところMoto2バージョンそのもののようなので、これは市販車が発表されるまでに変わるはずだ。

写真のプロトタイプの足まわりを見ると、フロントフォークはオーリンズ製NIX30で、キャリパーはドゥカティのパニガーレV4にも装着されているブレンボ製Stylemaが奢られているようだ。

ほかにも、6軸IMUやコーナリングABS、TFT液晶パネル、クイックシフターといったエレクトロニクスの搭載が期待される。

出典:YOUNG MACHINE

 

この内容ですがイギリスのMCNさんや、ドイツのMOTORRADさんにも同じことが書かれています。

MCN SPIED:Triumph Daytona returns wits 765 engine(英語)

MOTORRAD Triumph Daytona 765 Erlkonig Comeback des Supersportlers(ドイツ語)

 

スパイショットを獲ったところからの情報か、トライアンフから情報が出ているか…って感じでしょうか?

カウルなどのデザインは変わるでしょうが、基本的なシャーシは旧型と同じ。

細かい部分をしっかりとアップデートで最先端のマシンへ…って感じになりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

デイトナ765の発売日は、2020年2月

価格は235万円

スペックは本文内で

 

非常に楽しみな存在が出てきましたね。

今回はリミテッドエディションという名称でしたが…通常版も出るのでしょうか?

そこも気になるところですね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・Tシャツより涼しい?夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・実は損しているかも?任意保険を今より安くする方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。