オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

F750GS F850GSの国内価格はいくら?日本発売日や両車の違い、スペックなど!

calendar

出典:BMW Motorrad

EICMA2017にて出品されていたBMWの新型、F750GSF850GSです。

日本人的な感覚ですと、750ccと850ccの兄弟車…って気がしますよね。

 

ですが、この2モデルの排気量は一緒となっていますよ。

いったいどこがどう違うのか、スペックを見比べてみたいと思います。

 

そして新型車ということで気になるのは、日本での値段ですよね。

販売開始がいつ頃になるのか?というのも気になるところです。

スポンサーリンク

F750GS F850GSの国内価格はいくら?

F750GSとF850GSの国内価格ですが、まだ発表にはなっていませんね。

一応、ドイツでは発表になっているようでして…F750GSが9,150ユーロ、F850GSが11,700ユーロとのこと。

 

これをそのまま日本円にレート換算すると、F750GSが121万7,500円、F850GSが155万6,800円といったところですね。

しかし…BMWは為替をそのまま換算した価格よりも高い…イメージがありますよね。

 

ドイツでの価格から日本での販売価格を予想してみますと、F750GSが140万円、F850GSが180万円くらいでしょうか?

この辺りは近々明らかになるかと思いますよ。

 

そうそう、公式のPVが公開されていますね。

F750GS F850GSの日本発売日はいつ頃?

F750GSとF850GSの国内販売日ですが、まだ未定となっています。

確か本国でもまだ発売日は発表になっていなかったかと思います。

 

日本に関しては、BMWのホームページもまだ出来ていない状態ですね。

と言っても、まぁほぼ間違いなく国内導入されるとは思いますけども。

 

2018年モデルですので、春頃にヨーロッパで発売開始ってところかと思いますよ。

日本へは多少遅れるかもしれませんが、同じくらいには発売となるのではないでしょうか?

夏頃とかですかね?

 

気になる各部の画像も軽くまとめておきますよ。

出典:MCN

スポンサーリンク

F750GSとF850GSのスペック比較!

F750GSとF850GSのスペックを軽く比較してみることにしましょう。

ドイツのBMWの公式ページからスペックをピックアップしてきています。

 

日本仕様は現時点で不明ですが、多少異なる可能性はあるかもですね。

全て左がF750GS、()内がF850GSです。

エンジン・・・水冷2気筒4バルブ (同)
ボア×ストローク・・・84×77mm (同)
排気量・・・853cm3 (同)
最高出力・・・57kW(77ps)/7,500rpm (70kW(95ps)/8,250rpm)
最大トルク・・・83Nm/6,000rpm (92Nm/6,250rpm)
圧縮比・・・12.7:1 (同)
WMTC燃費・・・4.1L→24.4km/L (同)
Fサスペンション・・・41mm正立 (43mm倒立)
Rサスペンション・・・リンク式 (同)
ホイールベース・・・1,559mm (1,593mm)
ホイール・・・キャストアルミ (クロススポーク)
Fタイヤ・・・110/80 R19 (90/90 21)
Rタイヤ・・・150/70 R17 (同)
Fブレーキ・・・305mmダブルディスク (同)
Rブレーキ・・・265mmシングルディスク (同)
シート高・・・815mm (860mm)
タンク容量・・・15L (同)
全長・・・2,255mm 2,305mm
全幅・・・922mm (同)
全高・・・1,225mm (1,356mm)
車重・・・224kg (229kg)

といった感じですね。

 

シート高やホイールから750の方がオンロード寄り、850の方がオフロード寄りって感じかもしれませんね。

低出力の廉価版…というわけではなく、細かく色々と違うのが面白いですね。

しかし、私だけかもしれませんが…750ccと850ccに思えてしまうこの名前…。

 

両車の外観も比べてみましょう。

黄色がF750GSで赤がF850GSです。

出典:MCN

 

最後にF750GSとF850GSが欲しくなってしまうような画像を集めてみましたよ。

出典:MCN

スポンサーリンク

2017.11.29 追記

F750GSとF850GSのそれぞれのPVも公開されていますよ!

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

F750GSとF850GSの国内価格は、140万円と180万円くらい?

F750GSとF850GSの日本発売は、2018年夏頃?

両車のスペックの違いは本文内で

 

しかし最近は大きめなアドベンチャーモデルが増えていますね。

この車重で本格オフロードを走るのは厳しいでしょうが、オンもちょっとしたオフも走れる旅バイクとしては良いかと。

 

最近アドベンチャーが気になる私です。笑

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。