オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » 【新型2021】CB13000SF/CB1300SBの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

【新型2021】CB13000SF/CB1300SBの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

calendar

ホンダの公式ホームページにて、CB13000SF及びCB1300SBが先行公開となりました。

日本が世界に誇るビッグネイキッドですが、あまり世界的には人気がないようで…もしかしたら無くなるんじゃないかという噂もあっただけに嬉しいところ。

見た目的にはほぼ変化の無いキープコンセプトなのも、日本のファンには嬉しいですよね。

 

そんな新型のCB1300シリーズ、気になるのはやはり発売日値段といったところ。

スペックや装備類、旧型と比較して何が変わったのか…そんな辺りが気になります。

今回はそんな新型CB1300SF/SBを紹介します。

スポンサーリンク

新型CB1300SF/CB1300SBの基本情報!

メーカー:ホンダ
車種名:CB1300SUPER FOUR , CB1300SUPER BOLD’OR
排気量:1,284cc
発売日:2021年3月18日
価格:156万2,000円~ , 167万2,000円~
カラー:全2色

2020.12.22 正式発表!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

装備に関する追記は→追記箇所へ

カラーに関する追記は→追記箇所へ

新型CB1300SF/CB1300SBの発売日はいつ?

2020.12.22 追記

予定通り21日に正式発表となりました。

CB1300SFもCB1300SBも、そしてどちらのSPも全て同じ発売日となり、2021年3月18日の予定となっています。

2020.12.05 元記事

新型CB1300SF/SBの発売日ですが、現状不明となっています。

現時点ではホームページにて先行公開されたところとなっており、12月21日に正式発表の予定ですよ。

年内発表で、発売は2021年の早い段階…2月とか3月頃になるでしょうか?

この辺りは2週間ちょっとで正式発表となり、間違いなくその時に発売日も発表されるでしょうから…しばらく待ちたいと思います。

スポンサーリンク

新型CB1300SF/CB1300SBの価格は?

2020.12.22 追記

正式発表となり、価格も明らかになっています。

CB1300SF・・・156万2,000円
CB1300SB・・・167万2,000円
CB1300SF SP・・・193万6,000円
CB1300SB SP・・・204万6,000円

旧型からは全モデル共通で5万0,600円の値上げということに。

10~15万くらいは値上げかと思っていましたが、あれだけ電子制御を搭載してきて約5万円です…。

主要ターゲットは日本であり…世界規模で見れば売れている車種ではない…と言われていますが、凄い価格設定で発売となりますね。

2020.12.05 元記事

新型CB1300SF/SBの価格ですが、現状不明となっています。

こちらも12月21日の正式発表にて公開されると思いますが、少し予想してみようかと。

現行型のCB1300シリーズの価格は下記の通りとなっています。

CB1300SF・・・151万1,400円
CB1300SB・・・162万1,400円
CB1300SF SP・・・188万5,400円
CB1300SB SP・・・199万5,400円

旧型からの変更点は後ほど詳しく見ていきますが、大きくは電制の採用といったところ。

近代の電脳マシンになるというのが大きな違いなのですが…それがどのくらい価格を上げる要因になるか…。

全くもって予想は付きませんが、10~15万円ほどアップといったところになるでしょうかね?

新型CB1300SF/CB1300SBのスペックは?

2020.12.22 元記事

正式に発表されたので、新旧で比較してみましょう。

車名  (新)CB1300SF []内はSB  (旧)CB1300SF []内はSB
型式  8BL-SC54  2BL-SC54
全長[mm]  2,200  2,200
全幅[mm]  795 [825]  795 [825]
全高[mm]  1,125 [1,205]  1,125 [1,205]
ホイールベース[mm]  1,520  1,520
シート高[mm]  780  780
重量[kg]  266 [272]  266 [272]
エンジン型式  水冷直列4気筒SOHC  水冷直列4気筒DOHC
総排気量[cc]  1,284  1,284
ボア×ストローク[mm]  78.0×67.2  78.0×67.2
圧縮比  9.6  9.6
最高出力[ps/rpm]  113(83kW)/7,750  110(81kW)/7,250
最大トルク[kgf-m/rpm]  11.4(112Nm)/6,250  12(118Nm)/5,500
タンク容量[L]  21  21
フレーム  ダブルクレードル  ダブルクレードル
トランスミッション  6速  6速
キャスター  25°00′  25°00′ 
トレール[mm]  99  99
フロントフォーク  Φ43mm正立  Φ43mm正立
リヤサスペンション  ツインショック  ツインショック
Fブレーキ  Φ310mmシングル  Φ310mmダブル
Rブレーキ  Φ256mmシングル  Φ256mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  180/55ZR17  180/55ZR17
税込価格  156万2,000円
[167万2,000円]
 151万1,400円
[162万1,400円]

 

やはりスペックとして比較すると、ほぼ旧型同様になっていることがわかります。

小さな違いですが事前に発表されていたように、エキパイが4-1になったことと排ガス規制で出力特性が変化。

馬力が多少上がりトルクが多少落ち、発生回転が上がったことで強いて言うならば高回転型になった…というところでしょうか。

SPに関してはこの後の装備で触れますが、これまた旧型と同様の変更となっています。

スポンサーリンク

2020.12.05 元記事

新型CB1300SF/SBのスペックですが、現状不明となっています。

現時点では見た目が大きく変わらない事、電子制御が増えることなどが判明していますね。

スペック的には先行ページにも書かれているように、エキパイが4into1に変更。

旧型は4-2-1だったので、わりと大きな変更と言えるでしょうか?

スペックの数字的にはそれほど差が出ないと思いますが、乗り味の違いとなって表れてくるかなと思われますよ。

 

そしてこれは2021年より新車に適用される、ユーロ5相当の排ガス規制対応の為。

排気だけでなく吸気系も含めて手が入っている可能性はありますね。

新旧を比較したgif画像がこちら。

出典:本田技研工業株式会社

 

この画像を見る限りでは…エキパイ以外に変更点は見当たりませんかね。

(メーターケースやクランクケース、フレームの色が違う…なんてのはありますが)

ハンドルの高さが上がっているようにも見えますが、恐らくこれは車両の角度の問題ではないかと。

スポンサーリンク

新型CB1300SF/CB1300SBの装備は?

2020.12.22 追記

装備に関しては事前に発表された通りと言えそうです。

アシストスリッパークラッチが書かれていますが、これは2017年10月のモデルチェンジの段階で採用済み。

発表されていたように、スロットルバイワイヤとライディングモード、クルーズコントロールの装備が大きなトピックと言えますね。

そしてクイックシフターに関してはオプションパーツとなっています。

 

SPに関しても旧型と同じく、前後オーリンズにブレンボのラジアルマウント、専用カラーとなっていますね。

足の変更により全高や地上高、シート高が10mmアップとなっているのも旧型同様です。

2020.12.05 元記事

新型CB1300SF/SBの装備ですが、一部が既に公開されています。

大きなところでは下記の通り。

・スロットルバイワイヤ
・3つのライディングモード
・クルーズコントロール

ついにCB1300も電制が進むことになりますが、この辺りが付くということはクイックシフターも装備されるかもしれません。

先行公開ページでは左を向いた画像もありますが…距離が遠くてなんとも言えないですね。

付いていないようにも見える気がするので、オプションとなる可能性も。

 

そして中身に付いては書かれていませんが、SPが継続となることも発表されています。

現行型のSPの違いと言いますか、特別装備は下記の通りです。

・オーリンズ製前後サスペンション
・ブレンボ製フロントキャリパー
・専用カラー

そしてこの専用サスペンション採用のためにか、スペック上で10mm高いんですよね。

全高、地上高、シート高といった辺りが、無印と比較して10mm高い数字となっています。

新型も現行型同様に前後オーリンズ、ブレンボのフロントキャリパーを採用していることが画像からわかります。

そして並べてみると、新型も足が長いように見えますので…SPの変更点は現行型と同じかと思われますよ。

無印とSPの比較画像はこちらです。(新型)

出典:本田技研工業株式会社

新型CB1300SF/CB1300SBのカラーは?

2020.12.22 追記

カラーに関しては2色のままですが、黒に代わり銀が設定される形になりました。

SPに関しては旧型と同じ2色のままですね。

 

まずは通常のSFとSBが下記2色。

・パールサンビームホワイト
・ベータシルバーメタリック

出典:本田技研工業株式会社

 

そしてSPが下記の2色となっています。

・キャンディークロモスフィアレッド
・パールホークスアイブルー

出典:本田技研工業株式会社

2020.12.05 元記事

新型CB1300SF/SBのカラーラインナップですが、現状不明となっています。

現行型はパールサンビームホワイトとダークネスブラックメタリックの2色。

SPはキャンディークロモスフィアレッドとパールホークスアイブルーの2色ですね。

 

新型も公開されている画像を見る限り、無印はパールサンビームホワイトの1色SPがキャンディークロモスフィアレッドとパールホークスアイブルーの2色。

恐らく現行型同様に、無印にはダークネスブラックメタリックが追加され、SPは公開されている2色のままと予想されます。

現行型と色は変更なしとなりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型CB1300SF/SBの発売日は2021年3月18日

価格は5万0,600円アップで、156万2,000円~

スペックは本文内で

装備は電子制御が増える

カラーは無印2色、SP2色

 

いわゆるジャパニーズネイキッドと呼ばれますが、やっぱりこのスタイルが好きって方は多いですよね。

私も丸目でリア2本サスという見た目は結構好きですので、新型となってもこの見た目を継続してくれたのは嬉しい限りです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さを乗り切る!秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。