オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

【2019】MotoEのライダー決定!最新シート情報!注目選手とチャンピオン予想!

calendar

電動バイクで行われるレース、MotoEワールドカップですが続々と参戦ライダーが決まってきましたね。

新たな試みだけに、期待と不安が入り乱れる状態ではありますが…なかなかの顔ぶれが揃ったように思いますよ。

 

チームやシート状況がどうなっているのか、これまでの情報を整理してエントリーリストを作ってみます。

誰もが初ライドとなる電動バイクのエネルジカ。

出力の特性や非常に重い車体と…ハッキリ言ってどうなるのか全く予想もつきません。

 

しかしやはり初代チャンピオンともなればずっと名前が残るハズ!

勝手に参戦メンバーからチャンピオンを予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

2019シーズンMotoEのライダーリスト!

MotoE 2019のエントリーリストですが、下記のようになっています。

チーム  ライダー  国籍  No.
Alma Pramac Racing  ジョシュ・フック  オーストラリア  16
Alma Pramac Racing  アレックス・デ・アンジェリス  サンマリノ  5
Angel Nieto Team  マリア・エレーラ  スペイン  6
Angel Nieto Team  ニコラス・テロル  スペイン  18
Avintia Esponsorama Racing  サビエル・シメオン  ベルギー  19
Avintia Esponsorama Racing  エリック・グラナド  ブラジル  51
LCR E-Team  ランディ・ド・プニエ  フランス  14
LCR E-Team  ニッコロ・カネッパ  イタリア 59
Tech3 E-Team  エクトル・ガルソ  スペイン  4
Tech3 E-Team  ケニー・フォレイ  フランス  78
Trentino Gresini MotoE  マッテオ・フェラーリ  イタリア  11
Trentino Gresini MotoE  ロレンツォ・サバドーリ  イタリア  32
Dynavolt Intact GP  イェスコ・ラフィン  スイス  2
Ajo Motorsport MotoE  ニキ・トゥーリ  フィンランド  66
EG 0,0 Marc VDS  マイク・ディ・メリオ  フランス  63
One Energy Racing  ブラッドリー・スミス  イギリス  38
Pons Racing  セテ・ジベルノウ  スペイン  15
SIC58 Squadracorse  マッテオ・カサディ  イタリア  27
 
現状まだ暫定ではありますが、ほぼ決まりって感じでしょうね。

 

ちなみに、MotoGPクラスに参戦しているチームは基本2名の参加が義務付けられているそうです。

そうでないチームは1名でOKだそうですよ。

 

レースファンにはお馴染みのメンバーがメインではありますが、MotoGPがメインだったり観戦歴が浅い方には知らない名前も多いかと。

簡単にメンバーを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アルマ・プラマック・レーシング

プラマックはジョシュ・フックアレックス・デ・アンジェリスの2名ですね。

まずはジョシュ・フックですが、日本でも鈴鹿8耐でお馴染みでしょう。

過去には全日本のJSB1000にも参戦していた経歴も!

 

2017-2018シーズンは参戦中の世界耐久選手権、EWCでチャンピオンとなっている実力派。

所属チームがTSRホンダというだけに、ホンダのイメージが強いですが…ドゥカティのサテライトでもあるプラマックからMotoEには参戦予定です。

世界耐久の方は、2018-2019も引き続きホンダから参戦となりますよ。

 

そしてデ・アンジェリス元MotoGPライダー。

参戦歴は非常に長く、WGP初参戦は125ccクラスで1999年だったかと。

 

中堅ライダーのイメージが強いですが、Moto2クラスやSBKなどにも参戦しているようにどんなバイクでも乗れるタイプ。

豊富な経験から、上位の戦闘力が期待出来るかと。

アンヘル・ニエト・チーム

アンヘルニエトからは、マリア・エレーラニコラス・テロルの2名。

マリア・エレーラは一時期Moto3クラスに参戦する唯一の女性ライダーとして注目を集めましたね。

 

2018シーズンはWSS300に参戦し、ランキング13位となっています。

2018年のWSSと言えば、チャンピオンとなったアナ・カラスコですよね。

これに続く女性ライダーの国際タイトルとなるか?

メンツを見るとちょっと厳しいと思いますが、頑張ってほしいところです。

 

そしてニコラス・テロルは2011年の125ccクラスのチャンピオン。

2017年頃から若手の育成がメインとなり、第一線からは退いていた形ですので…果たしてどうなるか?

マリア・エレーラの育成担当という意味合いもあるでしょうかね?

 

最後の125ccチャンピオンと、腕は間違いないのですが…このように軽量級のライダーのイメージが…。

260kgと言われるMotoEマシンで果たしてどうなるか?

スポンサーリンク

アヴィンティア・エスポンソラーマ・レーシング

アヴィンティアからはサビエル・シメオンエリック・グラナドの2名。

シメオンは2018年シーズンにアヴィンティアでMotoGPクラスを走っています。

正直MotoGPクラスでは目立った活躍は出来ていませんが、それでもやはりMotoGPクラスのライダーはレベルが違うハズ。

電動バイクに馴染むことが出来れば、かなりの活躍が期待出来るかと思いますよ。

 

そしてグラナドはCEVに参戦していた若手ライダー。

欧州選手権Moto2王者の実力を見せつけてくれるでしょうか?

なのですが…どうしてもMoto2クラスのシートが無かったのかな…なんて思ってしまったり。

LCR・Eチーム

LCRからはド・プニエニッコロ・カネッパの2名。

ド・プニエ元MotoGPライダーですし、テストライダーとしても大活躍していましたよね。

2018年は鈴鹿8耐でハルクプロのマシンに乗ったりと、日本にも馴染みの深いライダーです。

 

そしてカネッパは2016-2017シーズンのEWCチャンピオン。

この時はGMT94ヤマハでして、2018-2019シーズンはYARTヤマハからEWCに出場と…ヤマハのイメージが強いライダー。

LCRはMotoGPクラスではホンダのサテライトなのですが、この辺りはあまり関係ないようで。

 

MotoEは重たい車両だけに、耐久のライダーの方が向いている…なんてこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

テック3・Eチーム

テック3からはエクトル・ガルソケニー・フォレイの2名。

ガルソはCEVのMoto2クラスに参戦していた、若手ライダー。

若干20歳と、今後に期待される選手ですね。

 

ケニー・フォレイはカネッパ同様、2016-2017シーズンのEWCチャンピオン。

こちらもヤマハのライダーですが…2019年のテック3はKTMのサテライト。

やっぱりこの辺りは関係ないみたいですね。

トレンティーノ・グレシーニ・MotoE

グレシーニはフェラーリサバドーリの若手コンビ。

フェラーリは2013年から2015年にMoto3に参戦していたライダーです。

 

2016年からはイタリアの国内選手権に戻っていますが、2018シーズンにはランキング2位となった実力派。

何せイタリア選手権のチャンピオンは…ドゥカティのテストライダーであるピッロですからね…。

 

サバドーリは2017年からSBKのアプリリアのファクトリーライダーを務めています。

グレシーニがアプリリアということもあっての起用でしょう。

勝てないSBKよりも勝てると判断したか…その辺りはわかりませんが。

スポンサーリンク

ダイナボルト・インタクト・GP

ダイナボルトからは、2018年のCEV Moto2チャンピオンを獲得したラフィンが参戦です。

2014年と2018年と2度の欧州王者になりましたが、世界選手権では今一つの結果。

 

真相はわかりませんが…もしかしたら2019シーズンのMoto2のシートが無かった可能性も。

果たしてMotoEでは活躍出来るか、注目したいところです。

アジョ・モータースポーツ・MotoE

アジョからはニキ・トゥーリが参戦です。

2018シーズンはMoto2で走っていた若手ですね。

 

あまり多くないフィンランドのライダーとして、期待がかかるところ。

スポンサーリンク

EG 0,0・マークVDS

マークVDSからはマイク・ディ・メリオが参戦。

2008年の125cc世界チャンピオンですね。

その後はMoto2に参戦していましたが、正直今一つ…。

 

近年はEWCへと活躍の場を移しています。

GMT94ヤマハからEWCに参戦しており、2019シーズンはMotoEとの掛け持ちになりますね。

ワン・エナジー・レーシング

ワン・エナジーからはブラッドリー・スミスが参戦です。

2018シーズンでMotoGPのシートを失う彼ですが、2019シーズンはアプリリアのテストライダーになることが決まっていますね。

2020年にアプリリアでMotoGPに戻ることを狙っているのかと思っていましたが…2019年はMotoEにも参戦。

 

ライダーのレベルとしては、初年度のメンバーでは最上位と言って良いでしょう。

スポンサーリンク

ポンス・レーシング

ポンスからはジベルノーが参戦です。

往年のファンには懐かしい、元MotoGPライダーですね。

加藤大治郎さんのチームメイトとして、2003年にはランキング2位を獲得したりと大活躍。

 

今回のエントリーリストでは間違いなく1番のビッグネームでしょう。

気になるのは45歳という年齢と、しばらく実践から離れていること。

 

周回数は少ないですが、重量のあるMotoEバイクは…体に厳しいのかそれとも?

SIC58・スクアドラ・コルセ

シッチからはマッテオ・カサディが参戦です。

19歳という超若手選手でして、シッチとの関りが深い選手です。

 

2018シーズンはイタリア選手兼に参戦していましたが、MotoEで世界選手権デビューとなりますね。

スポンサーリンク

勝手に予想!チャンピオン候補!

独断と偏見のチャンピオン予想ですが、面白味もなくスミスとしておきます。

ただ、マシンが電動となり…出力特性や重量など、今までのレーサーと全く違うのがポイントですよね。

いち早く馴染むことが出来たライダーが強そうですが…そうなると意外と若手にチャンスがあるかもしれません。

 

あとは…たった5戦ということで取りこぼしが非常に痛いカテゴリーになりますね。

どうしても接触や転倒が付き物ですので、コンスタントに上位にいるライダーがチャンピオンとなるでしょう。

それこそ0勝のチャンピオンが生まれても不思議ではありません。

 

ライダーの能力としてはスミスが1段抜けている印象がありますが、その辺りも考慮すると…ジョシュ・フックサバドーリが対抗でしょうか?

若手がドンピシャリとハマって、一気にスターになるなんてシナリオがあるかもしれませんね。

 

この辺りは11月23日から行われるオフィシャルテストの結果も見て、改めて考えたいと思います。

開幕までに11月の他、3月と4月にもテストが予定されていますよ。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MotoE 2019のライダーは本文内で

初代チャンピオンはスミスと予想

 

初となる電動バイクによるレース。

果たしてどうなるか?

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す