オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ドゥカティ スクランブラーアイコンの新型の発売日は?価格やスペックはどうなる?

calendar

800ccのドゥカティスクランブラー(正確には803cc)である、アイコンですが新型が発表されていますよ!

パッと見の印象はあまり変わっていないものの、兄貴分である1100も発売されたばかりですからね。

そちらからのフィードバックもされているようですよ。

 

気になるのは発売日や日本での国内販売ですよね。

あとは値段がどのくらいになるのか、スペックはどうなっているのか…でしょうか?

 

今回はそんな新型スクランブラーアイコンを見ていきたいと思いますよ。

スポンサーリンク

新型スクランブラーアイコンの基本情報!

メーカー:ドゥカティ
車種名:スクランブラーアイコン
排気量:803cc
発売日:2019年?
価格:不明
カラー:全2色

2018.10.03 シリーズでCAFE RACER、DESERT SLED、FULL THROTTLEが発表!→追記箇所へ

新型スクランブラーアイコンの発売日は?

新型スクランブラーアイコンの発売日ですが、現状未定となっています。

10月のインターモトか11月のEICMAで発表されるのは間違いないでしょうが…発売開始は現状特に情報がありませんね。

 

海外では11月頃からディーラーに並ぶのではないか、といった情報もあるようです。

日本では…遅れて2019年になってからでしょうか?

 

ちなみにホームページは既に日本でも完成していますよ!

SCRAMBLER DUCATI

 

カラーリングは全2色のようですね。

出典:SCRAMBLER DUCATI

スポンサーリンク

新型スクランブラーアイコンの価格は?

新型スクランブラーアイコンの価格ですが、現状未定となっています。

こちらも情報は出ていないですね。

本国イタリアでも未定となっているようです。

 

旧型はどうだったかと言うと、日本価格はこんな感じでしたね。

アイコン(赤)・・・99万9,500円
アイコン(黄)・・・101万4,500円
アーバン・エンデューロ・・・119万9,500円
クラシック・・・119万9,500円

 

変更点は色々とありましてこんな感じでしょうか。

・LEDヘッドライト
・ドゥカティマルチメディアシステム対応
・タンクのサイドパネル
・1100っぽいキャストホイール
・フラットシート
・コーナリングABS

 

画像も公式サイトで公開されています。

出典:SCRAMBLER DUCATI

スポンサーリンク

新型スクランブラーアイコンのスペックは?

新型スクランブラーアイコンのスペックですが、既に発表されています。

旧型と比較して表にしてみましょう。

車名  Scrambler Icon(新)  Scrambler Icon(旧)
型式    
全長[mm]  2,100~2,165  2,100
全幅[mm]  855  845
全高[mm]  1,150  1,150
ホイールベース[mm]  1,445  1,445
シート高[mm]  798(778ローシート付属)  790
重量[kg]  189  186
エンジン型式  空冷L型2気筒DOHC  空冷L型2気筒DOHC
総排気量[cc]  803  803
ボア×ストローク[mm]  88.0×66.0  88.0×66.0
圧縮比  11.0  11.0
最高出力[ps/rpm]  73.4/8,250  73/8,250
最大トルク[kgf-m/rpm]  6.8/5,750  6.8/5,750
タンク容量[L]  13.5  13.5
フレーム  トレリス  トレリス
トランスミッション  6速リターン  6速リターン
キャスター  24°00′  24°00′
トレール[mm]  112  112
フロントフォーク  Φ41mm倒立  Φmm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ330mmダブル  Φ330mmダブル
Rブレーキ  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル
Fタイヤ  110/80R18  110/80R18
Rタイヤ  180/55R17  180/55R17
税込価格    99万9,500円~

 

スペックを見比べてみると、ほとんど違いがないですね。

シャーシやエンジンよりも、装備関係の追加やグレードアップがメインのマイナーチェンジって感じでしょうか?

 

ちょっと画像の元のサイズが違うので…ホイールベース等が違うように見えますが…新旧比較画像を作ってみましたよ。

出典:SCRAMBLER DUCATI

スポンサーリンク

2018.10.03 追記 シリーズで4車種展開に!

なんと先行で発表されていたICONの他に、CAFE RACER、DESERT SLED、FULL THROTTLEと発表されました!

基本的には共通の車体となりますが、細かい部分の違いでそれぞれ特徴が出ていていい感じですよ。

比較画像を作ってみました。

出典:scramblerducati.com

 

まさかまさかの展開ですよね…。

公式の動画がこちらです。

 

スポンサーリンク

スペックも4モデルで比較してみましょう。

車名  ICON  CAFE RACER  DESERT SLED  FULL THROTTLE
型式        
全長[mm]  2,100-2,165  2,090-2,160  2,200  2,100-2,165
全幅[mm]  855  875  940  855
全高[mm]  1,150  1,066  1,213  1,150
ホイールベース[mm]  1,445  1,436  1,505  1,445
シート高[mm]  798/778  805  860/840  798/778
重量[kg]  189  196  209  189
エンジン型式  空冷Lツイン  空冷Lツイン  空冷Lツイン  空冷Lツイン
総排気量[cc]  803  803  803  803
ボア×ストローク[mm]  88.0×66.0  88.0×66.0  88.0×66.0  88.0×66.0
圧縮比  11  11  11  11
最高出力[ps/rpm]  74/8,250  74/8,250  74/8,250  74/8,250
最大トルク[kgf-m/rpm]  6.8/5,750  6.8/5,750  6.8/5,750  6.8/5,750
タンク容量[L]  13.5  13.5  13.5  13.5
フレーム  トレリス  トレリス  トレリス  トレリス
トランスミッション  6速リターン  6速リターン  6速リターン  6速リターン
キャスター  24°00′  21°80′  24°00′  24°00′
トレール[mm]  112  93.9  112  112
フロントフォーク  Φ41mm倒立
(150mm)
 Φ41mm倒立
(150mm)
 Φ46mm倒立
(200mm)
 Φ41mm倒立
(150mm)
リヤサスペンション  モノショック
(150mm)
 モノショック
(150mm)
 モノショック
(200mm)
 モノショック
(150mm)
Fブレーキ  Φ330mmシングル  Φ330mmシングル  Φ330mmシングル  Φ330mmシングル
Rブレーキ  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル
Fタイヤ  110/80R18  120/70R17  120/70R19  110/80R18
Rタイヤ  180/55R17  180/55R17  170/60R17  180/55R17
税込価格        

 

それぞれの違いなどは公式サイトに書かれていますが、基本的なのがスクランブラーがICONかと。

カフェレーサーは名前の通り、低めのセパハンに前後17インチタイヤとオンロード重視。

 

デザートスレッドは「砂漠のソリ」という名前のように、オフ重視の設定になっていますね。

こいつだけフロントフォークが太く、ストロークも長いのが特徴です。

フロントタイヤも19インチを採用していますね。

 

パッと見違いがわからないのがフルスロットル。

基本的なスペックはアイコンと一緒ですが、より低いハンドルを装備しておりダートトラッカーのイメージでしょうか。

 

基本的なエンジンやシャーシは同じですが、それぞれに個性が出てこういった車種も良いですよね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型スクランブラーアイコンの発売日は2019年?

価格は不明も多少のアップ程度?

スペックは本文内で

 

1100が発売され、800もモデルチェンジとなりました!

排気量的にこっちを待っていたって方も多いのではないでしょうかね?

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。