オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのオイル交換時期や頻度の目安は?値段・費用や時間はどのくらいかかる?

calendar

バイクのメンテナンスと言うと、1番最初に思いつくのがオイル交換ですよね。

作業も比較的簡単かつ、定期的に行うものなので初めてのDIYとして挑戦する方も多いかと思います。

 

そこで悩ましいのがオイル交換の時期!

世の中には情報が溢れすぎていて、どのくらいの頻度で交換したら良いのかわからない…なんてことになっています。

 

3,000kmごととか、半年に1回とか…色々と言われていますが、その数字にはある程度ちゃんとした理由があるんです。

自分のバイクの使い方によって、どの頻度が適切か変わりますので、理由のところまでしっかりと見ていきましょう。

 

また、お店でやってもらったらどのくらいの金額時間がかかるのかも気になるところですよね。

スポンサーリンク

バイクのオイル交換の時期はどう決める?

オイル交換の時期の決め方ですが、バイクの使い方次第です!

古いバイクやこだわりのある方なんかは、季節ごとにオイルの粘度を変えている…なんて方もいるくらいです。

まぁそういったマニアックな方はちょっと置いておいて、一般的な初心者向けのお話でいきたいと思いますよ。

 

オイルを交換する理由は、オイルが劣化するから…というのはなんとなくわかると思います。

と言うことは、劣化が早いような使い方をしていると交換頻度も多く、劣化しないような使い方をしていると交換頻度は少なくなるとも言えますよ。

 

あくまでも一般論ですが、オイルの劣化具合はこんな感じです。

低排気量車>大排気量車
4気筒>単気筒
チョイ乗り>ツーリング
冬>夏(一概には言えない)

 

これを踏まえてオイル交換の頻度を考えてみましょう。

スポンサーリンク

オイル交換の頻度を考えてみる!

オイル交換の頻度は、オイルの劣化具合で決める。

 

低排気量車はオイル量が少ないですし、高回転まで回す機会が増えます。

4気筒も同じく、エンジンの回転数が比較的高くなりがちですね。

高回転を多用することでエンジンオイルの温度が上がり、劣化していくと思えばOK!

 

チョイ乗りに関しても同じでして、ツーリングは一定の速度で(一定の回転数で)長距離を走ることが多いので、オイル温度を一定に保ちやすいんです。

また、オイルが温まりきらないうちにエンジンを止めることを繰り返すと…オイルが乳化してしまうんです。

 

冬場などの寒い時期は特にその傾向が強く、温まったエンジンが冷えるときに内部で結露し水が溜まっていきます。

次に乗るときに、オイルが温まるまで走れば蒸発するのですが…短距離でエンジンを切ると蒸発せずに水が溜まっていってしまうんです。

これの繰り返しでオイルが白っぽく乳化してしまいますよ!

 

こういった状況は「シビアコンディション」なんて言葉で、取説にも書いてあったりします。

大抵のメーカーではシビアコンディション車両は、通常の半分の頻度で交換となっていますね。

 

オイル交換の頻度は取説に従うのが最も間違いのない方法ですが、中古だったりすると取説が無いって方も多いですよね。

あくまでも個人的な意見ですが、1万kmもしくは1年事に交換が基本かと思います。(注意後述)

 

先ほど紹介したように低排気量車で高回転まできっちり回して…なんて方はこれの半分で5,000kmもしくは半年の早い方で。

車ほどでは無いものの、ほとんどの方が実はシビアコンディションなんですよね。

大排気量車で、乗るときは1日走りっぱなしのツーリング…みたいな方以外はシビアコンディションだと思っても良いかと。

 

となると、先ほど1万km or 1年と紹介しましたが、実際のところは5,000km or 半年というのが一般的と言えますね。

スポンサーリンク

オイル交換の費用や時間はどのくらい?

オイル交換の費用ですが、オイル代+交換工賃となっています。

時間としては待ち時間を入れなければ30分程度です。

用品店などでオイル選んで受付して…なんてやっても混んでなければ1時間以内には終わりますよ。

 

オイルの値段というのが実にピンキリでして、1L辺り数百円のものから数千円のものまで様々…。

お店によってオイル代に工賃が含まれていたり、メンバー会員になると工賃無料とか、色々とやっていますね。

 

なので一概にどのくらいの価格…と言うのは言いづらいのですが、純正指定のオイルだと大体このくらいの金額になりますよ。

・原付(50cc)・・・1,000円~1,500円
・~125cc・・・1,500円~2,500円
・~400cc・・・2,000円~4,000円
・~大型・・・3,000円~6,000円

 

幅があるのは指定のオイルによって値段が違いますし、使う量も違うからなんです。

例えばホンダの純正オイルであるウルトラオイル。

1番安いG1が1L辺り1,242円(定価)ですが、1番高いG4ですと1L辺り3,078円(定価)と、約2.5倍も違うんです。

 

同じメーカーなら高い物の方が高性能なことが多いのですが、車両との相性があるのも事実。

よくわからない…って方は純正指定のオイルを入れるのが間違いないですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

オイル交換の時期はバイクの使い方によって異なる

一般的な頻度は5,000kmか半年の早い方

オイル交換の費用は選ぶオイル次第だが、参考値は本文内で

 

巷で言われている交換頻度は少し早過ぎるように思います。

消耗品を売りたいとか、遅れてエンジン傷めるよりは遥かにマシとか、理由は色々あると思いますが。

 

他人様に勧めるにはやはり安全な方を…と思い5,000km or 半年と紹介しましたが…実は私自身はもっと長いです。笑

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。