オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Z250とZ400の新型の発売日は2019年?価格やスペックはどうなる?

calendar

2018年2月にニンジャ250400の新型が登場し、かなり注目のモデルとなっていますよね。

となると、ネイキッドファンの方はZ250Z400の新型が登場するのを待っているでしょう!

 

ニンジャは発売からしばらく経ちましたが…果たしてZはどうなっているのでしょうか?

発売日値段がどうなるのか、非常に気になるところですよね。

スペックはニンジャに準ずるハズですが、果たしてこちらもどうなるのか?

 

国内ではあまり情報が出ていませんので、生産国であるタイや大きな市場となっているインドネシアの情報を紹介しますよ。

スポンサーリンク

新型Z250とZ400の基本情報!

メーカー:カワサキ
車種名:Z250 , Z400
排気量:248cc , 398cc
発売日:2018年末?
価格:55万~ , 65万~ ?
カラー:不明

・2018.11.07 EICMAでZ400発表

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

新型Z250とZ400の発売日は2019年?

新型Z250とZ400の発売日ですが、未定となっています。(追記有り)

今のところ全くと言って良いほど、正式な情報が出てきていません。

 

生産国であるタイでは、2018年末頃にZの新型(現行ニンジャベース)が発表されるのではないか?と言われているようですよ。

この辺りはメーカーからの正式情報ではなく、現地メディアの予想憶測の部分も大きいかと思われますね。

 

そしてインドネシアのメディアであるiwanbanaran.comさんでは、Zの予定無しと報道しています。

現地カワサキインドネシアのマーケティング&セールス部門副部長、Michael C Tanadhiさんという方へのインタビューが載っていますね。

“ Pak, kapan generasi terbaru versi naked Kawasaki Ninja 250 lahir? Z250 pak….” uber IWB.

Pak Mic hanya tersenyum sambil berujar.

“ Belummmm….belum…” serunya tersenyum.

Senyum terus mengembang dan doi kembali mengatakan. “ Belum ada..” tambahnya terus menggeleng.

Wehhh…jian misterius ki. Kawasaki memang masih fokus pada Ninja 250 ketimbang versi nakednya cak.

出典:iwanbanaran.com

 

ザッと訳すと、新型Zに関する予定はまだ何もないといった感じでしょうか。

なんでもインドネシアでは250ccクラスはネイキッドの需要があまり無いそうです。

カウル付きのスポーツバイクの需要が高く、Z250/400を発売してもあまり売れないと予想しているんですね。

 

インドネシア情報では「予定なし」、タイ情報では「2018年末」、果たしてどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

2018.08.24 追記

Z400のみですが、CARBに書類が出ているようです。

MOTO RIVAL(タイ語)

 

上記で紹介しているサイトにて、書類の画像も出ていますよ。

モデル名はER400DKとNINJA 400が並んでいます。

 

ERと言うと…NINJA400R時代のネイキッドはER-4nという名前でしたよね。

ER-4nはこちらですね。

出典:BikeBros.

今でも型式はこれを継続していると考えれば、ER400DKは恐らくZ400なのでしょう。

 

ちなみに上記サイトにもう1枚書類があり、そちらはEX400GJEX400HJとなっています。

現行のNINJA 400がEX400Gですので、EX400HJは2019年型のニンジャということになりそうです。

 

今の所存在が明らかになっただけ…ではありますが、Z400は2019年に発売される予定だということが判明しましたね。

Z250は遅れて発売となるのか、それとも新型は発売されないのか…続報に期待です。

スポンサーリンク

2018.11.07 追記

EICMAでZ400が発表されています。

そして日本のカワサキのホームページにも案内が挙がっていますよ!

株式会社カワサキモータースジャパン

 

Z250とZ400は2019年春以降の販売予定と書かれています。

カワサキのパターンですと3月1日ですかね?

 

ちなみに東南アジア向け?にZ400 SEなるメーターバイザーやアンダーカウルなどを装備したモデルも存在します。

出典:BikeBros.

なのですが…どうやらこちらは日本には入らないようですね。

 

公式動画も公開されていますよ。

スポンサーリンク

新型Z250とZ400の価格はいくら?

新型Z250とZ400の価格ですが、ニンジャからある程度予想が出来そうですね。

現行型の値段はと言うと、こんな感じですよ。

Z250 ABS・・・55万3,500円
Z250 ABS SE・・・56万9,160円

 

そしてこのZ250と同じプラットフォームを使っている、旧Ninja 250はと言うと

Ninja 250・・・55万3,500円
Ninja 250 SE・・・56万9,160円
Ninja 250 ABS SE・・・62万0,460円

 

ABS付きと無しですので、単純に比較できるのはABS付きのSpecial Editionでしょう。

ニンジャの方が5万1,300円高いことになります。

 

現行(新型)のNinja 250はと言うと、カラーにより値段が違いますが

Ninja 250・・・62万9,640円
Ninja 250・・・64万0,440円
Ninja 250 KRT・・・64万0,440円

 

となると…新型Z250の計算上の価格はスタンダートカラーが57万7,260円といったところですね。

SEが58万6,980円といったところでしょうかね?

まぁ55~60万円程度となりそうです。

 

そしてZ400はと言うと、現行(新型)Ninja 400の値段が

Ninja 400・・・69万9,840円
Ninja 400・・・71万6,040円
Ninja 400 KRT・・・71万0,640円

 

となると、Z400はスタンダートが64万1,520円のSEが65万1,780円といった計算です。

65万円程度と見ておけば良さそうですかね?

スポンサーリンク

2018.11.07 追記

アメリカでは既に価格が発表されていますよ!

Z400のみですが、お値段4,799ドル(約54万3,200円)だそうです。

ちなみにカラーリングはヨーロッパが緑と赤の2色、アメリカは緑の1色でしょうか。

出典:KAWASAKI UK

 

日本価格の参考になりそうなのは…NINJA400でしょう。

アメリカでは5,499ドル(約62万2,430円)でして、日本では71万6,040円です。

となると日本価格はアメリカ価格の1.15倍といったところ。

4,799ドルの1.15倍で、約62万4,680円という計算になりますね。

上記で65万円程度と計算しましたが、だいたい同じくらいになりました。

 

Z250の方は欧米では販売されないので、不明ですが…Z400とNINJA400の値段の関係から55万円程度と計算出来そうです。

こちらも以前の計算とだいたい同じくらいになりますね。

2019年春に発売ですので、今年の年末辺りには日本価格も正式に発表されるでしょうか?

 

一応Z250が55万円程度、Z400が65万円程度と思って間違いないでしょう。

スポンサーリンク

新型Z250とZ400のスペックは?

新型Z250/Z400のスペックですが、基本的にニンジャと同じになるでしょう。

現行型が旧型ニンジャとほぼ同スペックですからね。

まぁエンジンと車体は共通ですので…当然と言えば当然ですが…。

 

ですがZ250ってかなりこだわって作られていて、実はサスペンションのセッティングなども違うんですよ。

Zの方がより柔らかく、街乗りに向けて作られています。

カウルが無いからか、2kgほど重量も軽いですね。

 

細かく見るとキャスターやトレールも変更されており、Zの方がクイックな設定なんです。

ハンドルの違いや、想定しているシチュエーションの違いが設計思想に出ているんでしょう。

 

ちなみに新型Z250の予想CGはインドネシアのメディアであるJulak SenDie DeSingさんが公開しています。

現行型と並べてますのでわかりやすいですよ。

出典:Julak SenDie DeSing

 

Z900がモチーフって感じですね。

スポンサーリンク

2018.11.07 追記

Z400が正式に発表されたのでスペック表を作りました。

現在イギリス仕様を載せてあります。

車名  Z400   Z250 
型式    
全長[mm]  1,990  
全幅[mm]  800  
全高[mm]  1,055  
ホイールベース[mm]  1,370  
シート高[mm]  785  
重量[kg]  167  
エンジン型式  水冷直列2気筒DOHC  
総排気量[cc]  399  
ボア×ストローク[mm]  70.0×51.8  
圧縮比  11.5  
最高出力[ps/rpm]  45/10,000  
最大トルク[kgf-m/rpm]  3.9/8,000  
タンク容量[L]  14  
フレーム  トレリス  
トランスミッション  6速リターン  
キャスター    
トレール[mm]    
フロントフォーク  Φ41mm正立  
リヤサスペンション  リンク式モノショック  
Fブレーキ  Φ310mmシングル  
Rブレーキ  Φ220mmシングル  
Fタイヤ  110/70R17  
Rタイヤ  150/60R17  
税込価格    
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型Z250/Z400は2019年春

新型Z250/Z400の価格は55万、65万程度

新型Z250/Z400のスペックは本文内で

 

特に400の方が今までのツアラーベースから、一気にスポーツ寄りになりましたよね。

それをベースにネイキッド…非常にわくわくする存在です。

 

果たしてどうなるかわかりませんが、是非とも発売してほしいものです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。