オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

マン島TTレース2019の放送や日程は?注目選手やマシンを紹介!

calendar

伝統ある公道レースであるマン島TTが今年もやってきました。

世界一危険なレース…なんて声もありますが、歴史も古くゲームなども発売されるほどに人気のレースですよね。

 

2019年の日程はどのようになっているのでしょうか?

またテレビでの放送などがあるのかどうかも気になるところですよね。

 

今年は誰が勝つのか、注目の選手とマシンも紹介していきますよ。

スポンサーリンク

マン島TTレース 2019の放送はあるの?

マン島TTレースの放送ですが、恐らく日テレG+で行うかと思います。

この記事を書いている段階(2019年4月17日)時点では放送予定は発表されていませんね。

 

しかし例年ハイライトを日テレG+にて放送しています。

ハイライト…と言いつつも実に5時間もの長時間番組!

クラス分けが5つですので、1クラス1時間のハイライト放送ですね。

 

なのですが…なぜか放送がかなり先なんですよね…。

今年はどうなるか不明ですが…2017年は12月に、2018年は10月に放送されています。

 

その他に日本で観られる放送は無いと思いますが、現地のラジオ放送を聴くことが出来ると思います。

これまた今年の放送予定は不明ですが、例年通りであれば放送があるハズ。

もちろん英語で音声のみですが、生放送ですのでこれはこれで楽しいですよ。

 

Manx Radioというマン島のラジオ局ですが、スマホでしたらアプリの利用でしょうか?

Google PlayやApp Storeにて「Manx Radio」を探してみて下さいね。

 

PCの場合は公式サイトから放送を聴くことが出来ますよ。

Manx Radio公式サイト

スポンサーリンク

マン島TTレース 2019の日程は?

マン島TT2019の日程ですが、5月25日~6月7日の2週間となっています。

プラクティス、予選、決勝とありましてカテゴリー分けも多いので、実に長いレース期間ですよね。

 

クラス分けはざっとこんな感じでして、SBKに近いですね。

・スーパーバイク→1000cc
・スーパースポーツ→600cc
・スーパーストック→1000ccの改造制限
・TT Zero→CO2排出ゼロのバイク
・サイドカー→2人1組のバイク

最も人気があるのはスーパーバイククラスです。

スーパーバイククラスの上位者はシニアTTクラスとなり、レースの大トリを務めることとなります。

 

2019年はまだ公式PVが公開になっていないので、2018年の公式PVを紹介します!

 

2019年のティザー動画と予告が公開されているので、そちらも紹介します。

スポンサーリンク

マン島TTレース 2019の注目選手!

マイケル・ダンロップ

マン島TTレースの注目選手ですが、マイケル・ダンロップ選手でしょう。

実に優勝すること18回、公道レース界のレジェンドといった存在です。

今年も去年と同じくTycoBMWからの参戦が発表されています。

ジョン・マクギネス

そしてもう一人は、こちらも優勝23回を誇る公道レース界のレジェンドであるジョン・マクギネス選手。

昨年はノートンと契約を結んだことが話題となっていましたが…2017年のNW200でのクラッシュの回復が思わしくなく…デモランだけの参加に。

2017年2018年と不参加になってしまいました。

2019年もノートンからの参戦が発表されていますので、今年は残り3勝となったジョイ・ダンロップの持つ最多記録更新に期待です。

ピーター・ヒックマン

そして昨年のスーパーストックとセニアクラスを制したのがピーター・ヒックマン。

今年もBMWで参戦予定となっています。

山中正之

そして唯一の日本人である山中正之さんの挑戦も応援したいところです。

2015年、2016年とマン島TTのアマチュア版とも言えるマンクスGPに出場し、2017年には念願のマン島TTに出場。

2018年も参戦し、2019年はなんとイギリスのTeam I.L.R.からの参戦だそうです!

イアン・ロッカー選手のチームからの出場ということで、これは今まで以上に良い結果が出るのではないかと期待してしまいますよ。

 

大変失礼ながら…トップクラスのライダーとは言えませんが、50歳という年齢で挑戦を続ける姿は本当に凄いです。

是非とも無事に完走して帰ってきてほしいですね。

スポンサーリンク

マン島TTレース 2019の注目マシン!

マン島TTレース2018の注目マシンですが、神電韋駄天Xですね。

どちらもTT Zeroクラスの電動バイクとなります。

日本のチームの活躍を応援したいところです。

無限 神電

神電は無限のマシンでして、TT Zeroクラスを5連覇中。

2018年には3台体制となり、よもや表彰台を独占か…なんて声もありました。

ジョン・マクギネスとブルース・アンスティが欠場となり、急遽マイケル・ルターが代役に。

 

そのルターが見事に優勝し、もう1台のリー・ジョンストンが3位に入るという快挙を達成。

2019年はルターが継続となり、もう1台はジョン・マクギネスとなり2台体勢に。

今年も勝って6連覇の偉業への期待がかかります。

TEAM MIRAI 韋駄天X

そして韋駄天Xですが、こちらは日本のTEAM MIRAIとTeam ILRのコラボとなっています。

TEAM MIRAIの電動バイクと言うと、日本の松下ヨシナリ選手が乗っていたバイク。

初音ミクが描かれたバイク、(当時はTT零という名前でしたが)でも話題になりましたね。

 

2018年に5年振りとなるマン島TT参戦。

新規マシンということもありトラブルに苦しむことになり…結果はリタイアに。

2019年もTT ZEROクラスへ参戦予定となっていますので、昨年の雪辱を晴らしたいところです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

マン島TTの放送は10月頃にG+で。現地のラジオが聴けるかも

マン島TTの日程は5月25日~6月7日

マン島TTの注目ライダーはマイケル・ダンロップ

マン島TTの注目マシンは日本の電動バイク2台

 

歴史と伝統のマン島TTレース、今年はいったいどんな結果となるのか楽しみですね。

非常に危険で有名ですが、重大な事故が起きないことも祈りつつ良いレースになることに期待です。

 

こちらも合わせてどうぞ!・最強防寒!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す