オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクの革ツナギのおすすめメーカー!レーシングスーツはオーダーがベスト!

calendar

バイクでサーキットを走ってみたい!

そんな時に必要になってくるのが革ツナギですよね。

 

サーキット体験などでは普段のジャケットでも走れる場合もありますが、やっぱりしっかりとした装備をしておきたい…。

ですが、ツナギってかなりお高いんですよね。

 

いったいどこのメーカーの製品を買って良いのか…わからなかったりもします。

オーダーメイドという方法もありますが、お金に余裕があれば絶対におすすめな理由も紹介しますよ。

 

また、革ツナギ以外に必要になってくる装備も紹介していきます。

スポンサーリンク

革ツナギのおすすめのメーカー!

革ツナギのおすすめのメーカーですが、個人的にはコミネがおすすめです。

コミネマンなんて言葉もあるくらい、バイク乗りにはコストパフォーマンスに優れたメーカーとして有名ですよね。

レザースーツに関しても値段の割に品質が良いので、非常におすすめしたいです。

 

大きなサーキットを走ったり、いずれはレースに出てみたい、なんて方は「MFJ公認」となっている製品を買っておくのが間違いないですよ。

逆に、MFJ公認でないツナギですとレースに出られない…なんてこともあるんです。

 

MFJ公認で安い物というとSKYというメーカーがありますね。

私自身と身近な方で使っていた方がいないので…品質はわかりませんが…。

 

有名で間違いない製品ですと、下記のメーカー辺りでしょうか。

・RSタイチ
・アルパインスター
・クシタニ
・ダイネーゼ
・ナンカイ

 

1度買うと、体型が変わらない限り10年とか修理しながら使えますので、最初からそれなりに良い製品を選ぶのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク

お金があればオーダーがベストな理由!

フルオーダーのツナギが良い理由ですが、自分の体型にぴったりだからですね。

既製品ですとどうしてもちょっとキツかったり、緩かったり…。

 

特にバイクに乗る時以外には使わないだけに、実際に着てみても自分に合っているんだか合っていないんだかというのもわかりにくかったりします。

ツナギを試着しながらバイクにまたがれる店って滅多にないですしね…。

 

やはりその辺りのハウツーが豊富かつ、一人一人にぴったり合わせてくれるのがオーダーの魅力ですよ。

オーダーですとクシタニやRSタイチなどが有名ですね。

 

手が出しやすいオーダーとなると、ミニバイクの世界で有名なセクレテールというメーカー。

他にはYONEZOなんてメーカーもありますよ。

YONEZOはモータージャーナリストとして有名な丸山浩さんが使っていますね。

 

金銭的な理由でオーダーは厳しいと言う方は、用品店に行って片っ端からツナギを着てみるのが良いです。

メーカーによって同じサイズでも微妙に違ったりしますので、通販は結構痛い思いをする確率が高いですね。

スポンサーリンク

サーキットで必須の装備を紹介!

サーキットで必須の装備ですが、グローブとブーツです。

どちらもレース用の丈が長い物が必要になりますよ。

 

革ツナギの上に被せて装備するために、結構長めに出来ています。

スーツとメーカーを合わせたり、色のコーディネートを楽しんだりするのもオシャレですよね。

私は…南海のツナギにコミネのグローブ、アルパインスターのブーツとかなりちぐはぐな装備だったりしますが…。

 

一応どんなものかリンクを貼っておきますが、この辺りもサイズ感で操作に大きく影響しますので試着必須ですね。

 

他には必須ではないですが、ツナギの中に着るインナースーツもあると便利です。

特に暑い時期に汗をかくと…ツナギが脱げなくなりますので…。

 

他にはバックプロテクターと呼ばれる脊椎パッドトや、チェストガードなんて呼ばれる胸部パッドを装備するのがおすすめです。

プロテクターはツナギのサイズが変わってしまいますので、必ず装着した状態でツナギの試着を行って下さいね!

 

あ、すっかり忘れていましたがヘルメットはフルフェイスでMFJ公認のものが必要です。

アライかショウエイのどちらかを使っている人がほとんどですね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

革ツナギのおすすめメーカーはコミネがコスパ良し

お金に余裕があるならフルオーダーがおすすめ。無い場合は試着しまくる

サーキットで必須の装備はツナギの他、ヘルメット、グローブ、ブーツ

 

おすすめのメーカーを紹介させて頂きましたが、着てみてしっくりくるのがやっぱり1番ですね。

見た目も大事ですが、ファッションではなく防具ですので自分に合う製品を選ぶのが良いですよ。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪