オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

2017 MotoGP 第18戦バレンシアGP MotoGP 決勝リザルト

calendar

出典:MotoGP公式サイト

サーキット・リカルド・トルモで行われたMotoGP第18戦バレンシアグランプリ、MotoGPのレース結果です。

気温25℃、路面温度26℃、路面コンディションはドライとなります。

スポンサーリンク

リザルトトップ10を紹介!

トップ10のリザルトは以下となっています。

1位・・・ダニ・ペドロサ(ホンダ)
2位・・・ヨハン・ザルコ(ヤマハ)
3位・・・マルク・マルケス(ホンダ)
4位・・・アレックス・リンス(スズキ)
5位・・・ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
6位・・・アンドレア・イアンノーネ(スズキ)
7位・・・ジャック・ミラー(ホンダ)
8位・・・カル・クラッチロー(ホンダ)
9位・・・ミケーレ・ピッロ(ドゥカティ)
10位・・・ティト・ラバト(ドゥカティ)

決勝レースの結果と展開!

ドライコンディションとなったMotoGPですが、5番グリッドのペドロサが今季2勝目をあげました。

レース序盤からトップに立ち、レースの主導権を握っていたザルコを最終ラップでオーバーテイク。

非常に見事な優勝でしたね。

 

チャンピオンシップを争うマルケスは、23Lap目に1コーナーで転倒…を寸前で回避! 今シーズンに限らず、マルケスの転倒回避は何度も観ている印象がありますが…あれで転ばないのだから本当に凄いです。

このコースアウトで5番手まで順位を落としますが、3番手まで挽回し今季12度目の表彰台を獲得。

最高峰クラス4度目、通算6度目の世界チャンピオン獲得となりました。

 

同じくチャンピオンシップを争っていたドヴィツィオーゾは、9番グリッドからスタートしたものの3番手まで浮上。

しかし、タイヤが終わってしまったのか…ブレーキングで止まり切れずグラベルへ侵入、転倒リタイアとなっています。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。 

 

こちらも合わせてどうぞ!・下取りよりも買取がお得!その理由は→バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

・どの免許を取るべきか?→バイクの免許徹底比較!費用や期間を比べてみる!

・今125ccが最も熱い!→ジャンルごとに紹介!125ccのおすすめ車種!

スポンサーリンク