オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ホーネット250を評価してみる!管理人の独断と偏見の愛車レビュー!

calendar

生産終了から早くも10年以上となったホーネットですが、中古市場では今でも大人気ですよね。

マルチクォーターと言われる、250ccの4気筒が新車でないのも要因の1つでしょうか…。

 

これから中古で買ってみたいという方に向けて、独断と偏見で評価してみたいと思いますよ。

随分と前ですが、実際に数年間所有していましたので参考になれば!

 

今となっては非常に貴重な250cc4気筒。

状態の良い個体は高額になっていますが、興味がある方は是非とも乗って頂きたいと思います。

スポンサーリンク

ホーネット250を独断と偏見でレビュー!

私が所有していたのは…確か2001年モデルだったかと思います。

ちょっとうろ覚えではありますが…年式による違いはシート高くらいですので。

 

2003年式からシート高が760mm→745mmに下げられています。

外見上ではタンクロゴがHornetからホンダウィングマークになったこと、ミラーが丸型から角型になったことでしょうか。

 

私が乗っていたのは、間違いなくシート高760mmの方の古いモデルですよ。

 

スポンサーリンク

デザイン

デザインは好みの問題だと思いますが、個人的にはカッコ良いと思います。

250ccには見えないボリューム感が売りのバイクでしたが、まさにその通りですよね。

 

非常に大きなタンクに、尻上がりのサイレンサーとカッコ良い要素満載です。

極太のリアタイヤもデザイン上のポイントですよね。

確か当時のCBR900RRと同じサイズを履いていたような…。

このタイヤは…色々と走行面では問題もありましたがね…。

 

リアサスペンションはモノショックを採用し、ネイキッドスタイルながらも古さを感じさせないストリートファイター系とでも言いましょうか?

私の周囲では、旧車系と言いますか2本サス派の人間はカワサキのバリオス2に乗っていましたね。

 

当時高校生でしたので、250ccでも憧れの存在。

400ccなんてとても買えない…って感じの乗り物だった頃の話です。

大学生の先輩達がCB400SFとか、ゼファーとか、インパルスとか、そういうのに乗っていた時代のお話ですよ。

エンジン

なんと言ってもエンジンが最大の特徴でしょう。

CBR250RR譲りの高回転型ユニットに、カムギアトレインを採用してレッドゾーンまで綺麗に回るエンジンでした。

 

16,000回転がレッドゾーンだったような…?

ですがCBR250RRは18,000回転まで回るんですよね、確か。

 

よく形容されるように、電動モーターのような音が特徴です。

同じように高回転まで回るバリオス2とかとは、また違った音がしますよ。

これがカムギアトレインの特徴でしょう。

 

音だけ速いとか、回しても進まない…なんてことも言われますが、日常使いには全く問題無いです。

ワインディングなどでもしっかり上まで使えば、登りもそれなりのペースで走れます。

むしろ、使い切っている感が楽しいですね。

(峠は周囲の安全に気を付けて、無理せずペースを落として走りましょう)

スポンサーリンク

走行性能

走行性能は比較的良好かと思います。

先ほど紹介したようにCBR900RRと同じタイヤを履かせておきながら、しっかりと走れる辺りがホンダの技術者の凄いところ。

 

ただ明らかにフロント130幅は不要ですしリアの180幅も不要です。

特にフロントは16インチということもあり、タイヤの選択肢がほぼ無いのが現状ですね。

 

16インチは切れ込みが…とか、ハンドリングがクイックで…なんて話もあるようですが…ホーネットはあまり違和感なかったです。

ただ、何の手ごたえも感じずフロントからスリップダウンした経験が1度ありますね…。

クイックかつ切れ込みやすい、というのは有るのかもしれません。

 

ホンダ党というわけでも、4気筒マニアってわけでもないのですが…ホーネットの後に、その祖先とも言えるJADEに乗っていた時期があります。

こちらは前後17インチかつ100/80-17の140/70-17と常識的なサイズなんですよね。

ジェイドの方が自然なハンドリングだったのは確かですね。

足付き

足付きは比較的良好かと思います。

特に後期型と言いますか、シート高が下げられているモデルは良いですね。

 

私のはシート高760mmでしたが、足付きが悪いということはなかったです。

170cmの身長でライディングシューズを履いて、両足しっかり付くくらいだったと思いますよ。

踵までべったりではなかったですが。

 

女性も多く乗られている車種ですので、それほど心配はいらないかと思います。

スポンサーリンク

取り回し

取り回しは良好な部類かと思いますが…当時は高校生でしたので…かなり苦労した覚えがあります。

とにもかくにも線が細くて非力だったんですよね。

 

250ccの中では大柄ですので、これまでに大きなバイクに乗ってこなかった方や原付からのステップアップでは多少の苦労はあると思います。

立ちゴケもしましたし、取り回しの際に転ばしたこともありますね…。

 

しかしその後にのったJADEは全くもって不安感なく取り回しが出来たので、この辺りは慣れと筋力の問題でしょう。

ベテランさんなら取り回しは良好な部類に、初めてのバイクって方は重たく感じる、って感じかと。

燃費

燃費はあまり良くない部類です。

別記事でも紹介していますが、平均で22.5km/L程度となっていますね。

私は20km/Lちょっとくらいということが多かったです。

 

現行のバイクに比べると…やはり燃費が良いとは言えません。

4気筒なのでガンガンに回すと10km/L台ということも珍しくはなかったような…。

 

今となっては、設計自体も古いエンジンですのであまり燃費には期待しない方が良いでしょう。

楽しくなってついついエンジンを回してしまうというデメリットもありますので。笑

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

ホーネット250は今となっては貴重なバイク

興味があって乗ったことが無い人は乗った方が良い

 

今後250ccの4気筒が新車で出るとは思えません。

どんどんコンディションは悪くなり、にも関わらず高額になるので…欲しい方は早めに購入した方が良いですよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。