オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

MotoGPの歴代チャンピオン!ライダーとマシンをWGP500時代から紹介!

calendar

ロードレースの最高峰MotoGPですが、歴代王者って気になりますよね。

歴史を振り返ってみると、開始はなんと1949年!

 

実はこれってフォーミュラ1よりも歴史が長いんです。

と言ってもF1は1950年からですので、たったの1年ですけどね。

 

今ではMotoGPクラスを最高峰に、Moto2、Moto3となっていますが…昔は500cc、250cc、125ccクラスでした。

それ以前には350ccクラスがあったり80ccクラスがあったりと、時代によって色々と変わっていますね。

その当時は500ccが最高峰ではあったものの、250ccが500ccより劣るということは無かったように思います。

 

その排気量のスペシャリストという感じで、500ccのチャンピオン同様に尊敬されていましたね。

しかし現在は明確にMotoGPをトップクラスと位置付けています。

なのでMotoGP及び500ccクラスに絞って、歴代のチャンピオンライダーチャンピオンマシンを紹介しますよ。

 

チャンピオンマシンに関してはコンストラクターズタイトルではなく、チャンピオンを獲得したライダーが乗っていたマシンになります。

スポンサーリンク

1949年~1959年

年式  ライダー  マシン
1949  レス・グレアム(イギリス)  AJS(4st L2)
1950  ウンベルト・マゼッティ(イタリア)  ジレラ(4st L4)
1951  ジェフ・デューク(イギリス)  ノートン(4st L1)
1952  ウンベルト・マゼッティ(イタリア)  ジレラ(4st L4)
1953  ジェフ・デューク(イギリス)  ジレラ(4st L4)
1954  ジェフ・デューク(イギリス)  ジレラ(4st L4)
1955  ジェフ・デューク(イギリス)  ジレラ(4st L4) 
1956  ジョン・サーティス(イギリス)  MVアグスタ(4st L4) 
1957  リベロ・リベラーティ(イタリア)  ジレラ(4st L4) 
1958  ジョン・サーティス(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1959  ジョン・サーティス(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)

1960年~1969年

年式  ライダー  マシン
1960  ジョン・サーティス(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1961  ギャリー・ホッキング(ローデシア)  MVアグスタ(4st L4)
1962  マイク・ヘイルウッド(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1963  マイク・ヘイルウッド(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1964  マイク・ヘイルウッド(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1965  マイク・ヘイルウッド(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1966  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  MVアグスタ(4st L4)
1967  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  MVアグスタ(4st L3)
1968  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)   MVアグスタ(4st L3) 
1969  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  MVアグスタ(4st L3)
スポンサーリンク

1970年~1979年

年式  ライダー  マシン
1970  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  MVアグスタ(4st L3)
1971  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  MVアグスタ(4st L3)
1972  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  MVアグスタ(4st L3)
1973  フィル・リード(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1974  フィル・リード(イギリス)  MVアグスタ(4st L4)
1975  ジャコモ・アゴスチーニ(イタリア)  ヤマハ(2st L4)
1976  バリー・シーン(イギリス)  スズキ RG500(2st S4)
1977  バリー・シーン(イギリス)  スズキ RG500(2st S4)
1978  ケニー・ロバーツ(アメリカ)   ヤマハ YZR500(2st L4)
1979  ケニー・ロバーツ(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st L4)

1980年~1989年

年式  ライダー  マシン
1980  ケニー・ロバーツ(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st L4)
1981  マルコ・ルッキネリ(イタリア)  スズキ RGΓ500(2st S4)
1982  フランコ・ウンチーニ(イタリア)  スズキ RGΓ500(2st S4)
1983  フレディ・スペンサー(アメリカ)  ホンダ NS500(2st V3)
1984  エディ・ローソン(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st V4)
1985  フレディ・スペンサー(アメリカ)  ホンダ NSR500(2st V4)
1986  エディ・ローソン(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st V4)
1987  ワイン・ガードナー(オーストラリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
1988  エディ・ローソン(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st V4)
1989  エディ・ローソン(アメリカ)  ホンダ NSR500(2st V4)
スポンサーリンク

1990年~1999年

年式  ライダー  マシン
1990  ウェイン・レイニー(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st V4)
1991  ウェイン・レイニー(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st V4)
1992  ウェイン・レイニー(アメリカ)  ヤマハ YZR500(2st V4)
1993  ケビン・シュワンツ(アメリカ)  スズキ RGV-Γ500(2st V4)
1994  ミック・ドゥーハン(オーストラリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
1995  ミック・ドゥーハン(オーストラリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
1996  ミック・ドゥーハン(オーストラリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
1997  ミック・ドゥーハン(オーストラリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
1998  ミック・ドゥーハン(オーストラリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
1999  アレックス・クリビーレ(スペイン)  ホンダ NSR500(2st V4)

2000年~2009年

年式  ライダー  マシン
2000  ケニー・ロバーツJr.(アメリカ)  スズキ RGV-Γ500(2st V4)
2001  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ホンダ NSR500(2st V4)
2002  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ホンダ RC211V(4st V5)
2003  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ホンダ RC211V(4st V5)
2004  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
2005  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
2006  ニッキー・ヘイデン(アメリカ)  ホンダ RC211V(4st V5)
2007  ケーシー・ストーナー(オーストラリア)  ドゥカティ GP7(4st V4)
2008  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
2009  ヴァレンティーノ・ロッシ(イタリア)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
スポンサーリンク

2010年~2017年

年式  ライダー  マシン
2010  ホルヘ・ロレンソ(スペイン)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
2011  ケーシー・ストーナー(オーストラリア)  ホンダ RC212V(4st V4)
2012  ホルヘ・ロレンソ(スペイン)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
2013  マルク・マルケス(スペイン)  ホンダ RC213V(4st V4)
2014  マルク・マルケス(スペイン)  ホンダ RC213V(4st V4)
2015  ホルヘ・ロレンソ(スペイン)  ヤマハ YZR-M1(4st L4)
2016  マルク・マルケス(スペイン)  ホンダ RC213V(4st V4)
2017  マルク・マルケス(スペイン)  ホンダ RC213V(4st V4)
2018    
2019    

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MotoGPの歴代チャンピオンは本文内で

 

実に1949年より続く、歴史あるグランプリ。

これから先どのように変化していくのか…わかりませんが形は変われどこのスポーツは続くハズ。

今後も歴史に名を刻むライダーが出ていくのでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す