オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクに反対された時の説得方法!そもそも本当に危険性が高いのか?

calendar

バイク乗りの多くの方、そしてこれからバイク乗りになりたいという方の多くが通る道が身内の反対ではないでしょうか?

ひとくくりにするのはどうかと思いますが…特に母親や奥さんからの反対が多いように思いますね。

 

どうしても男性の方が多い趣味ではありますし、女性の方が拒否感を示しやすいのかもしれません。

ですがいったいどうして反対するのか?

どうにか説得したいと思っている方は、反対される理由を考えて見るのが近道かもしれませんよ。

スポンサーリンク

バイクに反対する理由はなぜ?

バイクに乗ることを反対する理由ですが、あなたが心配だから…これに尽きるでしょう。

というかこれ以外の理由はないでしょう。

 

もちろん、お金の問題や置き場の問題などもあるでしょうが…その辺りは本当に乗りたいのであれば自分でなんとかするものですよね。

心配だから…というのはやはり「バイク=危険」のイメージがあるからだと思います。

 

バイクに現在乗っている方の多くが、自分が事故にあったことがあったり、友人が事故にあったことがあったりでしょう。

私も過去に2度ほど事故を起こしています。

単独での転倒も含めれば4回ですね…。

 

相手がある事故は貰い事故でして、どちらも私に過失は無しと判断されています。

ですが、車ならば…車が凹むだけで済むレベルでも、バイクだと間違いなく怪我をするんです。

事故率が同じだとしても、怪我の度合が大きくなる可能性が非常に高いんですよね。

 

私はこんなサイトを運営するようにバイク好きですが、もし自分の子供がバイクに乗りたいと言いだしたら絶対に最初は反対すると思います。

バイクの楽しさを知っていますので、絶対にダメというわけではなく、どのくらいの気持ちで言っているのか、どのくらいの覚悟があるのか…その辺りを見るでしょうね。

 

バイク乗りでさえもそのくらいですので、バイクに乗ったことのない方を説得するのは非常に大変だと思って臨んだ方が良いと思いますよ。

バイクに反対された時の説得方法を紹介!

バイクに反対された時の説得方法ですが、相手によってですので一概には言えないですね。

1番多いのが、親に反対されている学生さんかと思います。

 

親の性格や日頃の関係にもよりますが、内緒で免許を取って内緒でバイクを買う…これは止めてほしいと思います。

そういった既成事実を作って親を諦めさせる…という方法を紹介している方もいますが、何かあった時に対応するのは親なんです。

 

極端な話、あなたの葬式を親はやらなきゃいけないんです。

そうでなくても怪我をすれば病院に行き、加害者になれば相手に頭を下げる…そういった責任が親にはあるんですね。

「俺は親には迷惑をかけねぇ」なんて方もいると思いますが、少なくとも働いて自立するまでは有事の責任は親にかかってくるんです。

なので、内緒でバイクを買って諦めさせるというのは…フェアではないと言えないですか?

 

また、個人的な意見ですが…自分の子供が内緒でバイクを買ったとしたら、そんな奴のやることは信用出来ません。

安全運転が出来るとも思えないですし、調子に乗って何かをやらかす気もします。

 

反対されても絶対に乗りたいという熱意、そして自分なりで良いので説得する材料を持って話し合いにきてほしいですね。

そういった努力を見せてくれれば乗らせてあげたいと思えるようになります。

 

バイクを知らない方の反対であれば、バイクの危険性をしっかりと話すのが効果的かと思います。

危険な乗り物なのは確かですが、一般的なイメージほどは危ない乗り物ではないでしょう。

安全第一で運転すること、万が一のために保険や装備をしっかりすること、その辺りが攻めるポイントになるかと思いますよ。

 

スポンサーリンク

そもそも本当にバイクは危ないのか?

そもそも本当にバイクは危ないのかということですが、残念ながら車より危ないと言わざるをえません。

正確な数字はその年によって変わると思いますが、事故にあった際の死亡率は車の約7倍と言われているんです。

 

更に、重傷となる率は約10倍なんですね。

先ほども少し書きましたが、どうしても鉄板に守られる車とむき出しのバイクの違いはあるでしょう。

 

では事故に合う確率はというと、実は車の1.5倍なんですね。

これを危ないと取るかどうかは人それぞれだとは思いますが…。

事故の多くがスピードの出し過ぎでの単独事故だと思えば、安全運転に気をつけることで車と事故率は同等くらいかもしれませんね。

どうしても車より趣味性の高いものですから、スピードを出したがる人も多いでしょうから。

 

そして死亡事故の際にどこを損傷しているのか…というデータが警視庁にありまして、頭部が45.4%とほぼ半数を占めているんです。

続いて胸部が28.5%腹部が7.2%となっています。

なので実質半分が頭、それ以外は胸部が多いということなんですね。

 

なのですが、実は数字のマジックというか…大事なことが1つありまして、死亡事故の35%が事故時にヘルメットが脱落しているんです。

ちゃんとしたヘルメットを正しく被っていれば防げた可能性が高いんですね。

そう考えると、胸部の損傷の方が可能性は高いとも言えそうです。

 

ヘルメットを正しく被り、胸部プロテクターを装備していれば…死亡率が車の7倍…なんてことにはならないことは間違いないです。

そう考えると、バイクって思っていたよりも危なくないとも言えないでしょうか?

この辺りは説得の材料になるかもしれませんよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクに反対されるのは、あなたのことが心配だから!

反対された時の説得方法は…お互いにしっかり話し合ってほしい

バイクの危険性ですが、装備をしっかりすれば想像よりも安全?

 

とは言ってもやはりちょっとした事故が大きなダメージになるのがバイクです。

それが故にしっかりとした安全意識を持って運転してほしいですね。

 

バイクはとても楽しい乗り物ですが、人生を壊す可能性も持っています。

反対されている方は、もう一度しっかりと「どうしてバイクに乗りたいのか」を考えて下さい。

「自分は大丈夫」ではなく、紹介したような事実を知った上で尚乗りたいと思えたのであれば是非頑張って説得して下さい。

そうして手に入れたバイクライフは、確実にあなたを幸せにしてくれるハズですから。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。