オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクの暖機のやり方!必要性と不要論、本当は怖い間違った方法!

calendar

バイク乗りで話題になるのが、暖機運転の是非だったりしないでしょうか?

世の中には必要派不要派に分かれるようですね。

 

なのですが、ベテランライダーやメカニックに話を聞いてみると、どちらの立場の人も結局は同じことを言っていることに気付くんです。

簡単に言うと、不要派の方は間違った方法によってバイクに与えるダメージを心配していたんですね。

 

もちろん、こういったことは個人の考え方の違いですので正解はありません。

なので、私が思う暖機運転について語ってみたいと思いますよ。

スポンサーリンク

バイクの暖機運転は必要か?

バイクの暖機運転ですが、絶対に必要だと思います。

特に昔のバイクで寒い冬の朝だったりすると、暖機をしないとロクに走り出せなかったりしますね。笑

 

最近の暖機運転不要論はインジェクション車が増えたことに原因があると思っています。

小難しい話は横に置いておきますが、インジェクションですと自動でガソリン量を調整してくれるんですよね。

そのために、エンジンをかけた直後から走り出そうとしても結構走れてしまうんです。

キャブですとガソリンを霧化するために、暖機でキャブの温度を上げる必要もありますし…。

 

ですが、あくまでも「走れる」というだけなんです。

熱膨張という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、金属などは温度が上がると微妙に大きくなるんです。

そのため、バイクの各部というのは適正な温度の時に正しいクリアランスになるように作られているんですね。

 

なので良い状態でバイクに乗ろうと思ったら、暖機は絶対に必要だと言えるでしょう。

バイクの暖機運転の正しいやり方は?

バイクの暖機運転のやり方ですが、正直正解は無いと思います。

そういってしまうと身も蓋もないですが…私が思う正しいやり方を紹介しますね。

 

・(必要なら)チョークを引く
・セルを回してエンジンをかける
・チョークを戻していく(エンストしそうならばチョークを戻すのはもう少し待つ)
・アクセルをごく軽く開けて、チョークを完全に戻す
・アイドリングが安定するまで、軽くアクセルを開ける
・アイドリングが安定したら、ゆっくり走り出す
・急のつく操作をしないで数km程度走る

 

といった感じです。

車種や排気量などによっても時間は違いますが、個人的にはチョークを戻してからヘルメットを被ったりグローブをしたりで調度良い感じですね。

自分の支度が終わったら軽くアクセルを開けてみて、ちゃんと回転がついてくるようならもう乗り出してしまいます。

 

というのも、エンジンはアイドリングで放っておけば暖まりますがミッションやサスペンションなどは暖まりませんからね。

暖機が必要なのはエンジンだけでなくバイク全体ですので、急のつく操作をしないでゆっくりとバイクを暖めていくイメージです。

 

スポンサーリンク

本当は怖い間違った方法!

本当は怖い間違った暖機運転ですが、ひたすらアイドリングしていることですね。

先ほども紹介しましたが、ある程度アイドリングが安定したらゆっくり走ることがおすすめです。

 

旧車ならいざしらず、アイドリング状態で5分も10分もいる方を見かけますが…確実にエンジンにダメージを与えていますよ。

「暖機=アイドリング」のイメージが付きすぎているために、暖機不要論を唱える方も結構いますからね。

 

そういった方に話をよく聞いてみると「暖機が不要」ではなくて「長時間のアイドリングは不要」なんです。

ある程度暖めたらさっさと乗れ、が言葉が足りずに「暖機不要」になっているんですね。

 

長時間のアイドリングはカムを痛めるとか、燃焼室にカーボンが蓄積する…なんて話もありますよね。

長時間のアイドリングが必要な白バイは、その辺りが対策されている…なんて噂も聞いたことがありますよ。

と言っても真偽の程は不明ですが。

 

この辺りはまぁ「そんな話もあるよ」程度に知ってもらえばいいのですが、長時間のアイドリング暖機の怖いところは「満足感」ではないでしょうか?

多くの方がエンジンをしっかり暖めたことに満足して、他の部分の暖機を考えていないように思えます。

特に、しっかり暖めただけにアクセルへの付きも良くて楽しいですからね。

 

エンジンを大事にし過ぎる辺り、ミッションやサスペンション、タイヤなどに負荷がかかることに気付かない…というのが怖い部分かと思いますよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクの暖機運転は絶対に必要!

アイドリングだけが暖機ではない

ある程度暖まったら、ゆっくり走ってエンジン以外も暖める

 

バイクが好きで、大切にしている人ほど長時間のアイドリング傾向があるように思います。

大切にしているからこそ…なのでしょうから、エンジン以外にも気を配ってあげて下さいね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。