オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのタイヤの皮むき方法!慣らしの必要性とその後の注意点!

calendar

新品のタイヤに交換すると言われるのが「最初は滑りやすいから気を付けてね」とかですよね。

タイヤにも慣らしが必要とか、皮むきが終わるまでは安全走行とか…いったいどうすれば良いのかと。

今回はそんなタイヤの慣らしや皮むきの話を紹介しますよ。

 

そして実はこの2つの言葉、似てるようで多少意味合いが異なるんですよね。

いったいどう違うのか?それぞれを簡単に紹介していきますよ。

 

更に、慣らしが終わったが故に注意することもあったりするんです!

スポンサーリンク

タイヤの皮むきが必要な理由!

皮むきの必要性ですが、新品のタイヤは滑りやすいからですね。

お店などで「慣らしをして下さい」というのは皮むきの意味合いが強いことが多いですよ。

 

タイヤは型にゴムを流し込んで作られていまして、型から外れやすくするために離型剤が使われています。

この離型剤が滑りやすい原因なんですね。

 

また、表面にはゴム保護のためのワックス分が塗られている…なんて噂もありますね。

ですがそういったものは特に塗っていないという話もあり、この辺りは微妙な感じです。

硬化を防止する硬化防止剤は、ゴム自体に混ぜ込んであって表面に塗っているわけではないとも言いますよ。

確かに…古くなったタイヤは油分が表面に出てきますが、これが効果防止剤といった話も…。

この辺りの詳細はタイヤメーカーの方に聞いてみたいですね。

 

まぁとにもかくにも、少なくとも離型剤の影響で新品のタイヤは滑りやすくなっています。

その表面の離型剤を剥がすのが皮むきと呼ばれるものなんですね。

タイヤの慣らしが必要な理由!

タイヤの慣らしが必要な理由は、タイヤとホイールの接触面を馴染ませるためです。

「皮むき」と「慣らし」の違い…と言っても言葉の揚げ足を取るようなものですし、どちらもやることは一緒なんですけどね。

 

タイヤは交換時にホイールとの滑りをよくするためにビードワックスという物を使います。

そのため交換直後というのは、タイヤとホイールの位置がズレやすいのです!

リッタースポーツのようなハイパワー車で、急加速などをしない限り滅多にないですが…。

 

しっかりとしたお店ですと、タイヤとホイールの重量バランスを合わせてくれます。

なので、出来ればその位置がズレてほしくないんですよね。

慣らしをしっかりやることで、位置ズレを防ごうという意味がありますよ。

スポンサーリンク

タイヤの皮むき・慣らしはどうやってやる?

タイヤの皮むき・慣らしですが、急な操作をせずに30~100kmほど走行してあげるだけですね。

特に難しく考えることはなく、雑な操作や急な操作をしないように気を付けるだけですよ。

 

先ほど紹介したように、タイヤの離型剤が非常に滑りやすいので…丁寧な操作でバイクに乗ることが大切です。

走っているうちに路面との摩擦でだんだんと離型剤がなくなり、この様子が「一皮剥けた」ように見えるので皮むきなんて言うんですね。

 

慣らしに関しても同じで、加速や減速でタイヤが揉まれて段々馴染んできます。

とにかく急の付く操作をせずに、ある程度の距離を走ってあげるだけで問題ありませんよ。

 

ただタイヤの真ん中だけでなく、サイドまで油分を落とす必要があります。

最初の30km程度は浅めのバンク角で、それ以降はタイヤをしっかりと暖めて徐々にバンク角を増やしていくような感じで一皮むいて下さいね。

クレンザーやヤスリはNG!

クレンザーで洗うとかヤスリで表面を削るなんて方もいますが、これはNGです。

特にクレンザーはタイヤの油分も奪ってしまうことがあり、ひび割れを早めてしまう可能性があるとのこと。

ヤスリに関しては意味が無い、それをやるなら走った方が良いとのことでした。

サイド部分は寝かしこまないと設置しませんし、その状態で滑ったら…なんて思う気持ちからヤスリをかけたくなるのはわかりますけどね…。

スポンサーリンク

慣らし終了後の注意点を紹介!

意外と知られていない慣らし終了後の注意点ですが、空気圧の確認です。

乗っても乗らなくても1ヶ月に1回くらいは確認しましょうとも言われますね。

 

先ほど紹介したように、慣らしと皮むきは30km~100km程度で完了です。

人によっては1日や2,3日で走ってしまいますよね。

その後に1度空気圧を確認することをおすすめします。

もちろん交換時にミスや不備がないかどうかの確認という意味合いもありますが、タイヤが馴染むと多少伸びるんですね。

ゴム製品なので、慣らしが終わると多少とは言え伸びるんです。

そうすると、空気圧は下がる方向になりますよ。

 

空気圧は低いと安全面で問題がありますが、高い分にはそれほど問題は無かったりします。

なので馴染みも考慮してなのか、あまり点検しないだろうと思ってなのか…お店によっては規定値よりも多めに入れているところも多いですね。

 

空気圧は非常に大切ですので、慣らしが終わった頃に1度確認してみることをおすすめしますよ。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

タイヤの皮むきは表面の離型剤を取る意味合いがある

タイヤの慣らしは30km~100km程度、急な操作をせずに運転する

慣らし終了後には空気圧の確認をしておく

 

バイク屋さんに聞くところ、新車納車時やタイヤ交換直後に店を出てすぐ転倒する方は意外といるそうです…。

新しい物にしていきなり転ぶのは嫌ですからね…タイヤの慣らしは非常に大切と言えるかも。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。