オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

MotoGP2018のシート決定!Moto2昇格組に注目か?

calendar

出典:Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

残るは3戦となった2017年のMotoGPですが、早くも2018年の話をしたいと思いますよ。

すでにライダーのラインナップは全て決まり、シートは全て埋まった状態となりましたね。

 

2年契約の2年目のライダーが多いこともあり、正直あまり顔ぶれが変わっていないような気もしますが…。

日本人的には、やはり中上貴晶選手のMotoGP参戦決定が1番のニュースでしょう。

スポンサーリンク

MotoGP 2018年のシートが全席決定!

2018年のMotoGPクラスですが、全てのシートが決定しましたね。

最後まで決まっていなかったのはアビンティアチームのドゥカティでして、Moto2からザビエル・シメオンがステップアップすることになりました。

 

さてさて、どうやって見ていこうか非常に悩ましいところですが…日本のメーカーから見ていきましょうか。

順番に意味は特にありません、好みと言いますか気分の問題です。

ホンダ

ホンダは2017年と同じく3チームですが、LCRが2名体制となることで2018年は1人増えて6人となります。

 

まずはレプソルホンダチームですが、今年と同じくマルク・マルケス(93)ダニ・ペドロサ(26)です。

そしてLCRホンダは継続でカル・クラッチロー(35)、そしてMoto2から昇格の中上貴晶(30)となります。

マークVDSはメンバーを一新して、2名ともMoto2からの昇格組となりトーマス・ルティ(12)フランコ・モルビデリ(21)となります。

ヤマハ

続いてヤマハは2017年と同じく2チーム4名となり、ライダーの顔ぶれも同じですね。

 

ワークスのモビスターヤマハヴァレンティーノ・ロッシ(46)マーベリック・ヴィニャーレス(25)

テック3ヨハン・ザルコ(5)ジョナス・フォルガー(94)となっています。

スズキ

スズキも2017年と同じく1チーム2名体制のまま、ライダーも同じです。

チームはスズキエクスターで、アンドレア・イアンノーネ(29)、とアレックス・リンス(42)のコンビです。

スポンサーリンク

ドゥカティ

ドゥカティも2017年と同じく4チーム8名体制となりますが、ライダーの顔ぶれが多少変わりましたね。

 

ワークスはドゥカティチームで、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(04)ホルヘ・ロレンソ(99)で変わりなし。

オクトプラマックが今年と同じくダニーロ・ペトルッチ(9)と、ホンダから移籍のジャック・ミラー(43)となります。

 

アビンティアは2名とも一新され、ホンダから移籍のティト・ラバト(53)とMoto2からの昇格のザビエル・シメオン(10)となります。

アスパーはメンバーそのままにカレル・アブラハム(17)アルバロ・バウティスタ(19)のコンビです。

アプリリア

アプリリアも2017年と変わらず1チーム2名体制ですが、ライダーは変更がありました。

チームはグレシーニのままでアレイシ・エスパロガロ(41)が継続、オクトプラマックからスコット・レディング(45)が移籍となりますね。

KTM

KTMも2017年と変わらず1チーム2名体制、ライダーにも変更なしです。

チームはレッドブルKTMファクトリー、ライダーはブラッドリー・スミス(38)ポル・エスパロガロ(44)ですね。

スポンサーリンク

個人的2018年シーズン注目のライダー!

2018年シーズンで個人的に注目しているのは、マークVDS入りしたトーマス・ルティです!

マークVDS的にはエースはモルビデリなのだと思いますが、個人的にはルティに頑張ってほしいと思っています。

ってことで画像もマークVDSにしましたよ!

2017年のなので、ラバトの車ですけども。

 

なにせ彼が125ccでタイトルを取ったのは2005年のことですからね。

現在31歳と遅咲きのルーキーには個人的には特別な想いがあったりします。

 

ちなみに、来季のマークVDSというかチーム母体のエストレージャ・ガリシアのMto2はアレックス・マルケスホアン・ミールなんですよね。

となると、どちらかがタイトルを取る可能性も高く…そうなると2019年にはMotoGPクラスに上がってくる可能性も高いんです。

 

結果が同等であればルティよりも若いモルビデリが残留でしょうから、ルティにとっては2018年は勝負の1年となりますね。

チームは変われどMotoGPクラスに残れるか、その辺りも含めて厳しいシート争いが待っているように思います。

 

125cc時代からルティを応援している私としては、なんとか頑張ってほしいと思いますよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MotoGPの2018年のシートが決定!ルーキーは4人。

個人的に注目はトーマス・ルティ!注目と言うか頑張ってほしい。

 

2017年シーズンも激戦が続いていますが、2018年シーズンも楽しくなりそうですね。

久しぶりに日本人が返ってきますし、早くも来年が楽しみですよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。