オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

2017 MotoGP 第15戦日本グランプリ MotoGP Q1リザルト

calendar

出典:MotoGP公式サイト

もてぎで行われているMotoGP第15戦日本グランプリ、MotoGPのQ1の結果です。

気温15℃、路面温度17℃、路面コンディションはウェットとなります。

スポンサーリンク

リザルトトップ5を紹介!

FP3までのタイムで11以下のライダーによって争われるQ1ですが、14名のライダーが出走しています。

首位はポル・エスパロガロ(KTM)で、1’55.258となっています。

2位にはブラッドリー・スミス(KTM)が入り、タイム差は+0.586。

KTMの2名が揃ってQ2進出を決めていますよ。

 

3位にはロリス・バズ(ドゥカティ)、+0.604。

4位にマーベリック・ヴィニャーレス(ヤマハ)、+0.658。

5位にカル・クラッチロー(ホンダ)、+0.694とここまでが1秒以内となります。

 

チャンピオンシップを争う上で、ヴィニャーレスがQ2進出出来なかったのは厳しいですね。

明日は14位スタートでどこまで上がっていけるのか?

 

そしてクラッチローも、Q2に出れなかったのはちょっと驚きですね。

日本勢のリザルトは?

日本勢トップは青山博一(ホンダ)で11番手、タイム差は+1.899。

チームメイトのティト・ラバトは9番手、+1.645。

 

中須賀克之(ヤマハ)が13番手、+2.603。

 

野佐根航汰はFP4での転倒の影響で、走っただけの最下位14番手、+6.472。

チームメイトのヨハン・ザルコはQ2。

 

調子が良かっただけに野佐根航汰選手の状況が心配ですね。

明日には走れる状態になっていること、更には最後尾からの追い上げに期待です。

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪