オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ニンジャ250の最高速度はどのくらい?180キロ出るかスペックから計算してみる!

calendar

大人気かつ、今の250ccスポーツバイクブームを作ったとも言えるカワサキのNINJA 250ですが…最高速はどのくらいなのでしょう?

新型も発売されましたので、過去のモデルとの比較も気になるところですよね。

現行型が3代目ですので、初代から見ていきたいと思いますよ。

 

実際にそんなに出すことはないものの…最高速ってなんだか気になるんですよね。

一種のロマンでしょうか?

速いのが欲しければ大型乗れって言われますが、それもまた違うんですよ。

 

あ、もちろん最高速アタックは公道ではダメです!

なので果たしてどのくらい出るのか、計算してみたいと思います。

果たして180キロとか出るのでしょうか?

スポンサーリンク

ニンジャ250の最高速はどのくらい?

ニンジャ250の最高速ですが、約160km/h程度ということになりそうです。

冒頭で紹介したように、ニンジャ250は大きく分けて3モデルですね。

 

2008年に登場したNINJA 250R(EX250K)、2013年からのNINJA 250(EX250L)、2018年からのNINJA 250(EX250P)です。

最高速に関してはどれもほぼ大差無いという結論になりそうです。

 

海外では結構最高速アタックの動画が公開されていますので、1つ紹介しますね。

こちらは2013年式のEX250Lのようです。

 

メーター読みで168-170km/hといったところ。

メーターは大抵多少のハッピーメーターですので、実測160km/h程度といったところでしょうかね。

 

計算でも最高速を求めてみたいと思いますよ。

スポンサーリンク

ニンジャ250の最高速を計算してみた!

ニンジャ250の最高速を計算から求めてみましたよ。

バイクの最高速はリアタイヤのサイズと、ギア比、エンジンの回転数から求めることが出来ます。

 

これを基に計算すると、各抵抗値を無視した最高速が算出出来ますよ。

ただ、実際には空気抵抗や走行抵抗がありますので…ここまで出ることはありません。

あくまでもギア比的にどれだけ出るか…って感じですね。

 

そこで各抵抗値を馬力に換算してあげると、次の表辺りが限界値となりそうです。

 NINJA 250R  NINJA 250  NINJA 250
 2008-2012  2013-2017  2018-
 EX250K  EX250L  EX250P
 155km/h  155km/h  165km/h

 

これはこの速度以上に出すには、最高出力以上の馬力が必要って意味合いになりますよ。

ギア比的にはまだ出ますので、パワーがあればもっとエンジンを回して速度を上げることが可能です。

しかし純正では馬力と走行抵抗が釣り合って、これ以上加速しない理論値ですね。

 

実際の走行抵抗は非常に理屈が難しく…あくまでもこれは簡易計算となっています。

しかし先ほどの動画がメーター170km/hでしたので、実測で160km/h程度。

計算値が155km/hと、まぁまぁ良い線は付いていると思いますよ。

スポンサーリンク

ニンジャ250は180キロ出るのか?

ニンジャ250が180キロ出るかどうかですが、ノーマルでは無理となります。

これは先ほどの計算の結果ですね。

 

しかしポテンシャルは秘めており、チューニングの結果は180km/hを超えたというデータがありますよ。

こちら、ヤングマシンさんの記事をご覧下さい。

 

2018年10月7日に開催されるモトGP・PTTタイランドグランプリの舞台となるチャンインターナショナルサーキット(タイ王国ブリーラム県)には約1000mの直線があり、そこで記録された新型Ninja250の最高速は198.1㎞/hと公式リザルトに記録された。

前年のデータがないので比較できないが、トリックスターレーシングは2016年モデルで200㎞/hを記録(非公式、本誌テストでは204.5㎞/h)しており、それにかなり近いところまできている。

出典:ヤングマシンWEB

 

これはアジアロード選手権、AP250クラスの車両でして吸排気系はもちろんノーマルではありません。

カウルも変更されており、空気抵抗値も優秀な数字が出ているかと思いますよ。

 

一般的な空気抵抗値で計算すると、198km/h出すのに必要な出力は60ps程度。

現行のニンジャは37psですので、約1.6倍近い馬力となっています。

恐らくここまで出力は出ていないと思うので、空気抵抗がもっと少ないかと思いますよ。

 

一般の方がニンジャ250で180km/h出そうと思うと…相当大変だということは確かですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

ニンジャ250の最高速は約160km/h程度

AP250レーサーは200km/h近い数字が出ている

 

やっぱり250ccでは180キロの壁はかなり高いと言えそうですね。

レーサーは200キロ近い数字が出ていますが、一般人がここまでやるのは不可能でしょう。

 

最後にお約束として、公道での最高速アタックはダメ絶対ですよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・秋冬におすすめ→秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。