オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

鈴木竜生のWikiプロフ!Moto33年目はついにホンダへ!実力で勝ち取ったマシンで上位へ!

calendar

出典:ITATWAGP

2015年からMoto3に参戦している鈴木竜生選手ですが、2017シーズンはついにホンダに乗ることが決まりましたね!

特に2016年は「ライダーの腕は認められているのに、バイクが走らない」といったイメージがありましたので…2017年は非常に楽しみになりそうです。

 

今回はそんな鈴木竜生選手はいったいどんな方なのか調べてみましたよ。

競争力のあるマシンを手にして、今年は勝負の年となりそうですので是非上位進出を目指していってほしいですね。

スポンサーリンク

鈴木竜生ってどんな人?

鈴木竜生さんですが、1997年9月24日生まれの現在19歳のレーサーですね。

出身地は千葉県です。

 

簡単にこれまでの経歴を、本人の公式サイトから紹介しますね。

 

2001年

4歳の時、父の影響でポケットバイクレースを始める

2007年

小学校4年生でポケットバイク全日本選手権GP1(最高峰クラス)、GP2クラス制覇。

また日本ライフ社主催のシーズン戦チャンピオン獲得(GP1 GP3)

最優秀選手賞、スーパーライセンスを受賞(日本ライフ社)

翌年よりミニバイクレースにステップアップ

2010年

中学校1年生で住友ゴム(ダンロップ)の新型ミニバイクレースタイヤ(TT93)の開発に携わりそのタイヤデビューレースで優勝(まるち杯、関東ロードミニ選手権 SP12 エキスパートクラス)

2012年

中学校3年生 全国ミニバイク選手権大会 SP12クラス3位

またこの年末より世界チャンピオン、ケニーロバーツのトレーニングに参加を始める(以降毎年参加)

翌年よりロードレースにステップアップ

2013年

高校1年で筑波選手権、茂木選手権、菅生選手権のGP3クラスにエントリー

菅生選手権でチャンピオン獲得またコースレコード樹立

筑波選手権でコースレコード樹立

その年、スペイン選手権のバレンシア、ヘレスラウンドにスポット参戦を果たしバレンシアでのmoto3クラスにて16位獲得

2014年

高校2年でCEV レプソルインターナショナル選手権フルエントリー

またこの年の7月より千葉敬愛高校からフランス、エクサンプロバンスの高校へ留学(IBS)

この世界選手権への登竜門的レースを3年落ちのバイクで健闘(最上位15位)したことが認められ翌年より世界選手権moto3クラスにステップアップする。

2015年

世界選手権出場(moto3クラス)

出典:TATSUKI SUZUKI Official Site

 

お父さんの影響でバイクに乗り始めたということですので、お父さんもレーサーだったのかもしれません。

ちょっと情報はないのですが、まぁ間違いなくバイク好きのお父さんですよね。

もしかしたら整備関係とか、自動車業界の方なのかもです。

 

全日本のGP3でもチャンピオンを獲得していますが、最近主流のCEVから世界選手権に進出したパターンと言えそうです。

日本のロードレースが若干ガラパゴスとなっている印象もありますので、このルートが正解なのかもしれないですよね。

鈴木竜生の2017年はついにホンダへ!

出典:AUTO SPORTS WEB

鈴木竜生選手の2017シーズンですが、ついにホンダに乗りますね!

2016年まではインドのマヒンドラというメーカーで、どうしても戦闘力不足に悩まされ続けた感がありましたからね。

やはりなんと言っても非力…。

 

本人が戦闘力のあるチームへの移籍を熱望していたと言われており、それが叶った形になります。

チームはSIC58、マルコ・シモンチェリ選手のお父さんが立ち上げた若手育成チームですね。

チーム自体は数年活動をしていますが、初の世界選手権ということでミスやトラブルが起きてしまう可能性もあります。

しかし、念願叶って勝負できるバイクであるホンダに乗れるわけですから、2017年は勝負の年にしてほしいですよね。

スポンサーリンク

鈴木竜生の2017年は上位進出なるか?

 

出典:オートバイ & RIDE

鈴木竜生さんの2017年ですが、上位進出なるでしょう!

なんといっても「マヒンドラのマシンを考えると良いパフォーマンスを見せている」というのがパドックでの評価ですからね。

 

マヒンドラ勢ではF・バニャイアがちょっと飛びぬけた存在ではありますが、他のチームのマヒンドラ勢はポイント獲得も怪しい状態でした。

その中でも鈴木竜生選手は5回のポイント獲得という結果を出していますので、実力はあると言えますよね。

 

2016年の年間順位は27位であり、ベストリザルトはドイツでの11位だったかと思いますが…2017年シーズンはシングルフィニッシュが狙えると思いますよ。

是非ともトップ10圏内の常連となり、1戦2戦くらいは表彰台争いが見れると良いなぁと思っています。

 

現在オフシーズンということで、MotoGP公式チャンネルから、2016シーズンのMoto3クラスのまとめ動画が配信されています!

 

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

鈴木竜生選手は2017年からSIC58に移籍し、ホンダに乗ることが確定しています。

マヒンドラでのパフォーマンスを考えれば、2017シーズンはトップ10が狙えるのではないでしょうか?

 

チームも世界選手権は初ですので、まずは勿体ないミスやマシントラブルを防ぐことが1番ですよね。

マシンの特性もガラッと変わるでしょうから、まずは焦らず徐々に上げてきてほしいと思います。

2017シーズンの活躍に期待ですね!

 

こちらも合わせてどうぞ!・秋冬におすすめ→秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。